Pythonのtype関数の利用方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのtype関数の利用方法について現役エンジニアが解説しています。type関数はPythonで変数の型を調べることが出来ます。引数に変数を指定すると、str型(文字列)やbool型(真偽値)、float型(浮動小数点)、list型(配列)など判別することが出来ます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonのtype関数の利用方法について解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのtype関数の利用方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

この記事ではtype関数を利用してPythonで変数の型を調べる方法について解説します。

プログラミングをしていると変数を利用する場面が多々あります。その際にその変数がどのような型であるのかを調べる場面があります。

type関数を使うことで変数がどのような型なのかを調べることが可能です。

type関数とは?

type関数とはPythonで変数の型を調べたいときに使います。

type関数の使い方

type関数は以下のような形式で使うことができます。

type(変数名)

戻り値として引数に設定した変数の型が返ってきます。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

type関数を利用して型を識別してみよう

ではtype関数を使って型を識別していきましょう

プログラムソースコード

str01 = "aaa"
str02 = "123"
num01 = 11
num02 = 12.0
bool01 = True
list01 = [1, 2, 3]

print(type(str01))
print(type(str02))
print(type(num01))
print(type(num02))
print(type(bool01))
print(type(list01))

 

表示結果

<class 'str'>
<class 'str'>
<class 'int'>
<class 'float'>
<class 'bool'>
<class 'list'>

str01は” “で囲まれた文字列なので文字列を表すstrが表示されています。また、数字も” “で囲まれていると文字列扱いなので、str02はstrで表示されます。

num01は整数値なので整数値を表すintが表示されています。ただし、整数値でも.0と小数値が書かれていると浮動小数点数型を表すfloatが表示されます。

bool01は真理値を表すboolが表示され、list01はリストを表すlistが表示されます。

以上のように変数の型について調べることができました。

typeof関数はない?

JavaScriptには同じように型を調べるための関数としてtypeof関数が存在していますがPythonにはtypeof関数は存在しません。

名前が似ているので注意しましょう。

 

監修してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。
TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。