Pythonのfor文におけるbreak文の使用方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonによるfor文でのbreakする方法について現役エンジニアが解説しています。for文はループや繰り返しを行うことが出来ます。breakを使うと繰り返しの途中から抜け出ることが出来ます。breakにはif文とセットで使われるので実際のサンプルで確認してみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonのfor文におけるbreak文の使用方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのfor文におけるbreak文の使用について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

for文とは?

for文は、プログラムの中で同じ処理を複数回繰り返し行う場合に使用するものです。

何度も同じ処理をしなくても済むことに加えて、修正ミスの防止にもつながります。

 

for文におけるbreak文の使い方

for文の途中にbreak文を含ませると、for文の処理の途中であったとしてもfor文の後の後続処理へと移ります。

通常はif文などと組み合わせ、特定の条件が来た場合、for文の処理を途中で終わらせて後続処理に移る際に使用しましょう。

for文とbreak文を組み合わせることで、for文だけでは表せない処理を実現することが可能です。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

ループ処理に処理中断を記述してみよう

以下は、for文とbreak文を組み合わせて、for文の途中で処理を終わらせ後続処理に移るコード内容となります。

プログラムソースコード

print('===開始===')
for i in range(5):
  if i == 3:
    break
  print(i)
print('===終了===')

 

表示結果

===開始===
0
1
2
===終了===

処理の内容をみていきます。

2行目はrange関数を使い0~5未満の数値を順番にiに代入します。

そのため、もし途中にif文がなければ実行結果は以下のようになるでしょう。

===開始===
0
1
2
3
4
===終了===

しかし、3行目でiが3の時という条件式があるものの、iが3の時にbreak文へ到達します。

そのため、break文によりfor文の処理を途中で中断、後続処理へと移行し、

6行目の「==終了==」と表示させる内容のコードとなっています。

 

以上、Pythonでのfor文からbreak文を使って処理を中断する方法について解説しました。

for文とbreak文の組み合わせは、開発現場でもよく使われる処理であるため書き方、処理の流れを覚えましょう。

 

執筆してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。
TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

Pythonによるfor文でのbreakする方法がよくわかったので、良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。