Rubyで文字列連結を行う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyで文字列連結を行う方法について現役エンジニアが解説しています。2つ以上の文字列を連結してつなげることを文字列の連結と呼ばれます。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyで文字列連結を行う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

本記事は、Ruby on Railsを学べる、テックアカデミーのWebアプリケーションコースの内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyで文字列連結を行う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

文字列連結とは

2つ以上の文字列をつなげる操作のことです

テキストファイルの読み書き、整形などでよく行われる操作です。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

文字列連結を行う方法

+メソッド

+メソッドは、引数に与えた2つの文字列を連結し、新しい文字列を作ります。

また、元の文字列を変更しません。

irb(main):018:0> s = "abc"
=> "abc"
irb(main):019:0> t = "def"
=> "def"
irb(main):020:0> s + t
=> "abcdef"

<<メソッド

<<メソッドは、呼び出し元の文字列に、引数の文字列を追加するものです。

+メソッドと異なり、元の文字列を破壊的に変更します。

irb(main):024:0> s = "abc"
=> "abc"
irb(main):025:0> t = "def"
=> "def"
irb(main):026:0> s << t => "abcdef"
irb(main):027:0> s
=> "abcdef"
irb(main):028:0> t
=> "def"

concatメソッド

concatは<<の別名です。

こちらも元の文字列を破壊的に変更します。

irb(main):029:0> s = "abc"
=> "abc"
irb(main):030:0> t = "def"
=> "def"
irb(main):031:0> s.concat(t)
=> "abcdef"
irb(main):032:0> s
=> "abcdef"
irb(main):033:0> t
=> "def"

実際に書いてみよう

サンプルコード

result = ""
ss = ["alpha", "bravo", "charlie"]

for s in ss do
  result << s
end

puts result

実行結果

alphabravocharlie

解説

1行目で空の文字列resultを作成しています。

2行目で連結する文字列を配列ssで用意しました。

4-6行目でループ処理で文字列を連結し、ここでは元文字列resultを変更したいため<<演算子を使っています。

8行目でresult変数を出力しました。

執筆してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

Rubyで文字列連結を行う方法がわかりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、今後も分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

Ruby on Railsを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのWebアプリケーションコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、Ruby on Railsを使ったWebアプリケーション開発を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!