PHPでdate()を使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPでdate()を使う方法について現役エンジニアが解説しています。date関数は日付や時刻を取得したり設定する関数で、引数に日付に関する文字を指定するとそのフォーマットで表示してくれます。サンプルプログラムでは現在の年、月日、時間、秒数などを表示しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、PHPでdate()を使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、PHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPでdate()を使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

PHPでプログラミングをする上で、日付時刻を取得したい時もあるかと思われます。そこで、PHPでdate()を使う方法を現役エンジニアが解説します。

datetimeとは

datetimeは現在の日付時刻を取得します。

現在日時を取得する方法

datetimeで日付時刻を取得するには

date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');

echo date("Y/m/d H:i:s");

と記述します。まずタイムゾーンを東京に合わせ、その後、フォーマットを指定して、日付時刻を出力します。

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

では、実際にコードに起こすとどうなるか見てみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <title>PHP</title>
    </head>
    <body>
        <?php
            date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');
            echo date("Y/m/d H:i:s");
        ?>
    </body>
</html>

PHPのdate関数を使って、現在の年月日と時間、分数、秒数を表示するサンプルプログラム

まとめ

PHPでdate()を使う方法を現役エンジニアが解説しました。現在日付時刻の取得は様々なプログラムに応用されるので、ぜひこの機会に習得しましょう。

筆者プロフィール

メンターTKさん

大学院でVBAを扱う研究を行い、プログラミングの素晴らしさに目覚める。

その後、建設系企業のシステム担当として従事。JavaScriptやPHP、Processingなどに没頭中。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。