Pythonでのインスタンスの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでのインスタンスの使い方について現役エンジニアが解説しています。インスタンスはクラスから作成される個々のモノのことです。インスタンスは変数や関数を持つことが出来ます。クラスからインスタンスを作成する方法や初期化メソッドについて解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonでのインスタンスの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonでのインスタンスの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

インスタンスとは

クラスから作成される個々のモノのことです。「クラスはモノを作るときの設計図、インスタンスは設計図から実際に作られたモノ」という風に考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

作成されたインスタンスはそのインスタンスに固有の変数を持つことができ、この変数のことをインスタンス変数と呼びます。
 

インスタンスの作成方法

インスタンスは、「クラス名()」という形で作成します。インスタンスはいくつでも作成できます
 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

インスタンスの初期化メソッドについて

クラスには、インスタンスが作成されたタイミングでインスタンスを初期化するメソッドを定義できます。このメソッドのことをコンストラクタと呼びます。

コンストラクタは、__init__()という特殊な名前のメソッドです。インスタンスを作成する時に「クラス名(引数1, 引数2…)」と記載することで、コンストラクタに引数を設定できます。
 

実際に書いてみよう

それでは実際にコードを書いていきましょう。まずはクラスを定義します。

class Human:
    def __init__(self, name, age, hobby):
        self.name = name
        self.age = age
        self.hobby = hobby
    def introduce(self):
        print(f"my name is {self.name}.")
        print(f"my age is {self.age}.")
        print(f"my hobby is {self.hobby}.")

ここではHumanというクラスを定義しています。Humanクラスはコンストラクタでname, age, hobbyの3つのインスタンス変数を設定できるようにしてあります。ここで、selfというのキーワードが出てきました。これはPythonにおいてインスタンスを表すキーワードです。例えばself.nameというのは、「自身のクラスから作ったインスタンスのname」といった意味になります。

このようにコンストラクタを設定することによって、インスタンスが作成された時にインスタンス変数が自動的に設定されるようになります。

次に、introduceという関数を定義し、個々のインスタンスが自己紹介できるようにしました。format文を用いてシンプルにprintしています。

では実際にインスタンスをいくつか生成して、introducdeメソッドを読んでみましょう。

>>>human1 = Human("taro", 23, "soccer")
>>>human2 = Human("mai", 22, "tennis")
>>>human1.introduce()
>>>print("-----------------------------")
>>>human2.introduce()

実行結果は以下のようになります。

my name is taro.
my age is 23.
my hobby is soccer.
-----------------------------
my name is mai.
my age is 22.
my hobby is tennis.

それぞれのインスタンスに変数がきちんと格納されているのが確認できました。
 

まとめ

クラスやインスタンスの概念を理解することがオブジェクト指向プログラミングの一番重要なポイントとなります。オブジェクト指向が理解できると、開発の効率もグーンとアップします。抽象的で難しい箇所ではありますが、しっかりと理解しましょう。
 

監修してくれたメンター

柴山真沙希(しばやままさき)

大手IT企業などでエンジニアとして2年ほど勤務した後、個人事業主としてプログラミングスクール「エンペサール」を経営。子供から大人まで幅広い層を対象にプログラミングを教えている。

得意言語はPython, HTML, CSSで、機械学習やデータ分析、スクレイピングなどが得意。サッカー観戦や読書が趣味である。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。