Rubyでchopメソッドを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでchopメソッドを使う方法について現役エンジニアが解説しています。chopメソッドとは、文字列の末尾から1文字削除した文字列を戻すメソッドです。chop!と!を付けると反対に末尾の文字列以外を返します。また、改行コードなどは複数文字が1文字として扱われます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyでchopメソッドを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyでchopメソッドを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Ruby on Railsのchopメソッドとは

chopメソッドとは、文字列の末尾から1文字削除した文字列を戻すメソッドです。

chopメソッドを使うメリットとよく使われるケース

文字列の操作をする時、文字列の区切り文字が含まれることがあります。

区切り文字でよくあるのは、

  • 改行コード
  • カンマ
  • タブ

なのですが、特に改行コードは文字列の最後に付いていることが多く、改行コードだけを取り除きたいことがあります。

chopを使うことで、簡単に文字列の末尾の改行コードを取り除く処理ができます。具体的な例は後で紹介します。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

chopメソッド使う方法

chopメソッドは、末尾から1文字削除したい文字列に対して以下のように呼び出します。

<変数> = <末尾から1文字削除したい文字列>.chop

文字列が格納された変数に対しても使うことができます。

<変数> = <末尾から1文字削除したい文字列が格納された変数>.chop

 

実際に書いてみよう

以下のように書きます。

ret = "こんにちは\n".chop

変数を使うと以下のように書きます。

str = "こんにちは\n"
ret = str.chop

上記の例では、行末の改行文字(\n)が削除されます。それ以外の文字でも行末の1文字が削除されます。

retは、”こんにちは” となります。strは元のまま “こんにちは\n” です。

str = "hello"
ret = str.chop

このコードを実行すると、retは、”hell” となります。

文字列が全角文字列だった場合も1文字削除されます。

str = "こんにちは"
ret = str.chop

このコードを実行すると、retは、”こんにち” となります。

改行コードの特殊な動作

改行コードが、\r\nの時は、\r\nが一緒に削除されます。\r\nは、Windowsでよく使われる改行コードです。

str = "こんにちは\r\n"
ret = str.chop

retは、”こんにちは”となります。

chop!という呼び方

chopに!をつけて呼び出すと、大きな違いとして、元の文字列が変更されます。元の文字列が直接変更されて、その文字列そのものが戻ります。

str = "こんにちは"
ret = str.chop!

retには、”こんにち” が代入されます。strも”こんにち” になります。retもstrも同じ文字列を参照しています。実はstrをretに代入したことになります。

このように、chop!は変更しようとした文字列自身を戻します。

ということは、

str = "こんにちは"
str.chop!
str.chop!

を実行すると、chop!を2回呼び出したためにstrは2文字削除され、”こんに” となります。

str = "こんにちは"
ret = str.chop!
ret = str.chop!

を実行すると、この時もstrは、”こんに”となります。retもstrと同じでしたね。

もう一つ違いとして、対象の文字列が空文字列の時はnilを戻します。

str = ""
ret = str.chop!

この場合は、retにはnilが代入されます。

ちなみに、空文字列(“”)の場合、

str = ""
ret = str.chop

この場合は、retにも空文字列が代入されます。

まとめ

chopメソッドは、文字列の末尾から1文字削除します。

筆者プロフィール

伊藤広明(いとうひろあき)

1990年代からソフトウェア開発を仕事としてはじめ、2000年ごろからWEBエンジニアの仕事にも従事。
世の中で末長く使ってもらえるシステム開発が信条。後進の育成にも力を入れている。

作れるもの:Webシステム、スマホアプリ
書ける言語: Ruby・PHP・Python・Java・Swift・C#・C/C++・JavaScriptなど
経験があるフレームワーク: Laravel・Ruby on Rails・Apache Strutsなど

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。