Ruby on Railsでhashとselectメソッドを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRuby on Railsでhashとselectメソッドを使う方法について現役エンジニアが解説しています。selectは、hash(連想配列)やarray(配列)から条件にあった要素だけを取り出すためのメソッドです。今回はselectメソッドを使ってhashから指定の値を取得してみます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Ruby on Railsでhashとselectメソッドを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Ruby on Railsでhashとselectメソッドを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Ruby on Railsのselectとは?

selectは、hashやarrayから条件にあった要素だけを取り出すためのメソッドです。

hashにselectを使う場合には、取り出したいhashの値の条件やキーの条件を指定します。selectは配列にも使えますが、ここではhashに使う方法をご紹介します。

hashとselectの違いとは

前述の通り、selectはメソッドです。hashは、キーと値をペアで要素として持つ集合です。

selectはhashやarray用に用意されたメソッドです。selectを使うと、hashから順にペアを取り出して処理したり、指定した条件に合ったペアだけを新たなhashとして取り出すことができます。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

selectを使う方法

selectは、以下のようにして使います。

対象のhash.select {|k, v| [行いたい処理]}

あるいは

対象のhash.select do |k, v|
  [行いたい処理]
end

とします。書き方が違うだけで同じ処理となります。この使い方だとどちらもeachを使った時と同じ動作になります。また、以下のような使い方もあります。

対象のhash.select {|k, v| [条件]}

対象のhashから、条件がtrueになるペアだけを含む新たなhashを戻り値として取得できます。こちらはeachの時とは違う動作になります。

実際に書いてみよう

fruits = { 'Apple' => 150, 'Banana' => 100, 'Orange' => 200, 'Peach' => 300 }
fruits.select {|k, v| puts "#{k} : #{v}" }

このプログラムを実行すると、

Apple : 150
Banana : 100
Orange : 200
Peach : 300

が表示されます。kとvのペアに対して処理が実行されます。

fruits = { 'Apple' => 150, 'Banana' => 100, 'Orange' => 200, 'Peach' => 300 }
result = fruits.select {|k, v| v >= 200 }
puts result

このプログラムを実行すると、

{"Orange"=>200, "Peach"=>300}

が表示されます。条件は、 v >= 200 なので、hashの中から順にペアを取り出して、条件として値が200以上かどうかをチェックして、真であればペアを戻り値のhashに追加します。最終的にキーと値のペアである、”Orange”=>200 と “Peach”=>300 が含まれるhashが戻ります。

fruits = { 'Apple' => 150, 'Banana' => 100, 'Orange' => 200, 'Peach' => 300 }
select = fruits.select {|k, v| k == 'Banana' }
puts select

このプログラムを実行すると、

{"Banana"=>100}

が表示されます。k == “Banana”なので、hashのキーが”Banana”のペアが含まれるhashが取得されます。

まとめ

selectは、hashからペアを全て取り出したり、指定した条件のペアを取り出すために使います。

eachについては、Ruby on RailsでRuby on Railsでhashと繰り返し「each」を使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】の記事も合わせてご覧ください。

筆者プロフィール

伊藤広明(いとうひろあき)

1990年代からソフトウェア開発を仕事としてはじめ、2000年ごろからWEBエンジニアの仕事にも従事。
世の中で末長く使ってもらえるシステム開発が信条。後進の育成にも力を入れている。

作れるもの:Webシステム、スマホアプリ
書ける言語: Ruby・PHP・Python・Java・Swift・C#・C/C++・JavaScriptなど
経験があるフレームワーク: Laravel・Ruby on Rails・Apache Strutsなど

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。