Rubyでcountメソッドを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでcountメソッドを使う方法について現役エンジニアが解説しています。countメソッドは、特定の文字の出現回数を数えたり、配列の長さを数えたりすることが出来ます。今回は良く使われる配列の要素数を数えるサンプルプログラムを書いて確認してみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyでcountメソッドを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyでcountメソッドを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

countメソッドとは

二つの機能があります。

  • 文字列の特定の文字の出現回数を数えるための機能(「こんばんは」という文字に「ん」は2回みたいに数える機能)
  • 配列の要素の数を数えるための機能

前者の「文字列の特定の文字の出現回数を数えるための機能」はあまり使用されている例を見かけた事ないので、この記事では「配列の要素の数を数えるための機能」に関して説明します。

countメソッドを使い配列の要素を数える理由

例えば、果物がいっぱい入った箱があって、箱の中に入っている果物の数を数えたいとしましょう。数十個程度ならまだ目で数えることができますが、1万個とかになってくると数えるのが面倒です。

現実世界ならこの「数える」という面倒な作業から逃れるのは難しいですが、プログラムの世界では「count」を使って非常に簡単に数えることができます。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

countを使う方法

「apple, banana, grape」が入った箱があるとして、果物の数を数えたりする場合はこうします。

fruits = ['apple', 'banana','grape']

puts fruits.count

# => 3

 

実際に書いてみよう

main.rbというファイルを作成して以下のように書く

fruits = ['apple', 'banana', 'grape']
puts fruits.count

実行する。main.rb`があるディレクトリで以下のコマンドを打つと「3」と表示される。

ruby main.rb

3

 

まとめ

countメソッドには二つの機能があります。

  • 文字列の特定の文字の出現回数を数えるための機能(「こんばんは」という文字に「ん」は2回みたいに数える機能)
  • 配列の要素の数を数えるための機能

配列の要素の数を数えるための方法は、「配列.count」を使いましょう。以上です。

筆者プロフィール

メンター福田

2017年よりWEBエンジニアとして活動開始。
仕事を便利にするためのツールなどを作成する事が大好き。

作れるもの: gem・npm・chrome拡張など
書ける言語: Ruby・JavaScript・Go・ShellScript・TypeScript・node.js・ES6・CoffeeScriptなど
経験があるフレームワーク: Vue.js ・Ruby on Railsなど

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。