PHPでSQLを実行する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPでSQLを実行する方法について現役エンジニアが解説しています。SQLとはデータベースへの問い合わせ言語です。ORACLE、MySQL、PostgresなどのRDBMSで共通で使用できます。PHPではPDOを使ってSQLを発行しデータベースに接続します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

今回は、PHPでSQLを実行する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、PHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPでSQLを実行する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

SQLとは

SQLとはデータベースへの問い合わせ言語です。ORACLE、MySQL、PostgresなどのRDBMS(リレーショナルデータベースマネジメントシステム)で共通で使用できる言語で、データベースやテーブルを定義するDDL(データ定義文、たとえばCREATE TEBLE文など)とデータを操作するDML(データ操作文、SELECT、UPDATE、DELETEなど)があります。

SQLは多くのプログラミング言語と連携して使用できます。ここではPHPからSQLを実行する方法について説明します。
 

データベースに接続する

PHPからデータベースに接続するには、PDO(PHP標準(5.1.0以降))というデータベース接続クラスを使用して接続します。コーディング例は次の通りです。

  $pdo = new PDO('mysql:host=localhost;dbname=mydb;charset=utf8','dbuser','password');

PDOクラスを生成します。引数には、接続先データベース名、charset、ユーザ名、パスワードを設定します。

生成されたデータベース接続情報は、$pdo変数に格納され、以降はこの変数を介してデータベースアクセスを行います。
 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

SQL文を作成する

データベースへの接続ができたら、SQL文を作成して実際にデータベースへの問い合わせを行います。

SQL文を作成する手順は大きく次のステップで行います。今回はデータの検索のためSELECT文を作成する例で説明します。

  1. prepare文でSQLを定義する。
  2. execute文で①のSQLを実行する。
  3. fetch文でSELECTした結果を取り出す。

実際のソースコードは次の通りです。

$pdo = new PDO('mysql:host=localhost;dbname=mydb;charset=utf8','dbuser','P@ssw0rd');
 $qry = $pdo->prepare('select name from usertable');
 $qry->execute();
 foreach($qry->fetchAll() as $q){
 // 取り出したデータの処理
 }

$pdoインスタンスに対して、prepareメソッドで問い合わせるSQL文を定義して$qry変数に設定します。

SQL文の定義ができたら$qry変数に対してexecuteメソッドでSQLを実行します。SQLの実行結果はこの例ではSELECTした結果データを$qryが受け取るため、fetch(またはfetchAll)メソッドによってデータを取り出します。

foreach文でループ処理を行うことで取り出したデータを順次処理できます。
 

取得したデータを出力してみる。

SQLを実行して取得した結果を出力してみます。出力の仕方としては、前段のソースコードのforeach文の中にfetchで取り出したデータをPHP変数に置きかえて格納していく方法で記述します。

実際のソースコードは次の通りです。

<table>
 <tbody>
 <?php
 foreach($qry->fetchAll() as $row){
 echo '<tr>';
 echo '<td>', $row['user_name'], '</td>';
 echo '<td>', $row['address'], '</td>';
 echo '<td>', $row['tel'], '</td>';
 echo '</tr>';
 }
 ?>
 </tbody>
 </table>

この例では、SELECT文で取得したデータがuser_name、address、telのデータで、テーブルデータとして表示する処理をしています。

<table><tbody>要素の中にPHP文のforeachループの中でfetchで取得した1レコードずつを$row変数に格納しています。$row変数には取得データが配列で格納されているので、取得したい項目を$row[]で指定して取り出します。あとは<td>要素で取得データの変数をかこってあげればテーブルにSQLの取得データを表示できます。

PHPでPDOでデータベースに接続し、SQLを実行してデータを取得したサンプルプログラム。
 

まとめ

PHPでSQLを実行するには、以下の手順で実施できます。

  1. データベースへの接続
  2. SQL文の宣言
  3. SELECTの場合はfetch文で取り出す
  4. foreach文でループしながらPHP要素に取り出したテーブルデータを格納していく

 

筆者プロフィール

メンター大塚さん

普段はPMとしてメーカにて業務システム開発に従事する傍ら、フリーランスでWebサーバ、フロント開発をPHP、MySQL、Javascript、等を使用してのプログラミングを実施している。

最近ではPythonを使用した機械学習プログラムの開発も実施中。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。