PythonでBase64によるエンコード・デコードの方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでBase64によるエンコード・デコードの方法について現役エンジニアが解説しています。Base64とは、英大文字、小文字、数字、記号の64文字のみを用いて、データを表現する処理のことです。エンコードは変換することで、デコードは元に戻すことです。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

PythonでBase64によるエンコード・デコードの方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonでBase64によるエンコード・デコードの方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Base64とは

Base64とは、バイナリデータを一定の規則に基づき可読文字に置き換える変換方式の一つです。英大文字、小文字、数字、記号の64文字のみを用いて、データを表現します。

例えば、メール(SMTPプロトコル)は可読文字のみの使用を前提としています。

現代ではバイナリデータをメールに添付することがありますが、この際はBase64でバイナリデータを可読文字に変換しています。
 

エンコード・デコードとは

エンコード(encode)とは、ある形式のデータを一定の規則に基づき、別の形式のデータに変換することです。可逆圧縮や暗号化もエンコードの一種です。

デコード(decode)はエンコードの逆操作です。エンコードしたものをデコードすると、元のデータに戻ります。
 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

Pythonのbase64モジュールの使い方

Pythonではbase64モジュールがBase64関連の機能をまとめています。

b64encode()がBase64エンコード、
b64decode()がBase64デコードの機能を提供します。
 

文字列をBase64でエンコードしてみよう

日本語文字列をb64encode()でエンコードします。
b64encode()の引数はbytesのため、あらかじめencode()でbytesに変換します。

import base64
print(base64.b64encode('こんにちは'.encode()))
b'44GT44KT44Gr44Gh44Gv'

 

Base64でエンコードされている文字列をデコードしてみよう

先の文字列をb64decode()でデコードします。

戻り値はbytesなので、decode()でユニコード文字列に変換します。

import base64
print(base64.b64decode(b'44GT44KT44Gr44Gh44Gv').decode())

下記の通り、元の文字列に戻ることを確認できました。

こんにちは

 

まとめ

この記事ではbase64モジュールを用いたBase64エンコード、デコードの方法を紹介しました。
 

監修してくれたメンター

橋本紘希(はしもとひろき)

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。