PHPでarrayを使ってcopyをする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPでarrayを使ってcopyをする方法について現役エンジニアが解説しています。array()関数とは、PHPで配列を作成するための方法の1つとして用意されているものです。配列をコピーするには値渡しと参照渡しがあります。それぞれ確認してみましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

今回は、PHPでarrayを使ってcopyをする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、PHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPでarrayを使ってcopyをする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

arrayとは

PHPのarray()関数は、PHPで配列を作成するための一つの方法として用意されているものです。

array ([ mixed $... ] ) : array

上記の「mixed」は様々の型を引数で受け取ることができる意味です。「…」はカンマ区切りで、引数を複数受け取れます。

array()関数にはさまざまな型の値を複数渡すことで、配列を作成できます。

<?php
$numbers = array(1, 2, 3);
$strings = array("foo", "bar", "hoge");
print_r($number);
print_r($strings);

 

出力結果

Array
(
    [0] => 1
    [1] => 2
    [2] => 3
)
Array (
    [0] =>"foo" 
    [1] =>"bar"
    [2] =>"hoge"
)

上記のように、数値や文字列などさまざまなデータ型の配列をarray()関数で作成できます。

<?php
$fruits = array("apple" => "りんご", "orange" => "みかん", "lemon" => "れもん");
print_r($fruits);

 

出力結果

Array
(
    [apple] => "りんご"
    [orange] => "みかん"
    [lemon] => "れもん"
)

PHPの配列は、実際には「順番づけられたマップ」なので、「キー => 値」の形のマップを引数として、array()関数に渡すことも可能です。
 

arrayを使ってcopyする方法

PHPで配列をコピーする方法は、下記の2種類があります。

  • 配列全体をコピーする
  • 配列の参照をコピーする

1つ目の配列の全体をコピーする方法は、代入演算子「=」を使用し、変数に代入する方法です。
2つ目の配列の参照をコピーする方法は、コピー元の配列に&(アンパサンド)を付加してコピーする方法です。
 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは、上記2つの配列をコピーする方法を、実際のソースで確認しましょう。

配列全体をコピーする方法

まずは、配列全体をコピーする方法です。

<?php
$fruits = array("りんご", "みかん", "れもん");
// 配列全体をコピー
$fruitsCopy = $fruits;
print_r($fruits);
print_r($fruitsCopy);

 

出力結果

Array
(
 [0] => "りんご"
 [1] => "みかん"
 [2] => "れもん"
)
Array
(
 [0] => "りんご"
 [1] => "みかん"
 [2] => "れもん"
)

上記のソースから$fruits内の配列が、$fruitsCopyにコピーされたことが確認できます。
 

配列の参照をコピーする方法

次に配列の参照をコピーする方法を確認しましょう。

<?php
$fruits = array("りんご", "みかん", "れもん");
// 配列の参照をコピー
$fruitsCopy = &$fruits;
$fruitsCopy[0] = "ばなな";
print_r($fruits);
print_r($fruitsCopy);

 

出力結果

Array
(
    [0] => "ばなな"
    [1] => "みかん"
    [2] => "れもん"
)
Array
(
    [0] => "ばなな"
    [1] => "みかん"
    [2] => "れもん"
)

上記のソースは、$fruits内の配列の参照を&(アンパサンド)を使用することで、$fruitsCopyにコピーしています。つまり、$fruitsCopy内の値が変更されると、同じ値の保管場所を参照している$fruitsの値も変更されることになります。

上記のソースでは、$fruitsCopyのインデックス0番の値を”ばなな”を代入することで変更しています。$fruitsは、$fruitsCopyと同じ値の保管場所を参照しているため、$fruitsのインデックス0番の値も$fruitsCopyと同様に変更されていることが確認できます。
 

筆者プロフィール

平野大輝(ひらのだいき)

スキル:PHP・Java・JavaScriptを用いて様々なアプリを開発するWebエンジニア。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。