Pythonのアンパックとは何かを現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのアンパックとは何かについて現役エンジニアが解説しています。アンパックとは、複数の要素を持つものを分解して各変数に代入することをいいます。また、アンパックによって、複数のリストなどを繰り返し処理することが可能です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonのアンパックとは何かについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのアンパックとは何かについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

アンパックとは

アンパックとは、「複数の要素を持つものを分解して各変数に代入すること」を指します。

「複数の要素を持つもの」には、例えばリストや複数のタプルなどが該当し、タプルの要素の変数に対して代入するなどの使い方が可能です。

 

アンパックの使い方

アンパックの使い方をみていきましょう。

アンパックは以下のように実施します。

for 変数1, 変数2, …….. in リストなど:

このようにして、リストなどの各要素をそれぞれ別の変数に格納することが可能です。

また、アンパックはzip関数と一緒に用いられることが多いといえます。

zip()は名前からもイメージできるとおり、複数のリストをまとめることができる関数です。

zip()の戻り値はタプルとなることから、リストを各要素としたタプルが作成できます。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

では、アンパックの概要を理解したうえでコードを書いていきましょう。

  1. 果物の名前を格納したリストlist_xを作成する。
  2. 果物1個あたりの値段を格納したリストlist_yを作成する。
  3. list_xとlist_yをzip関数でまとめてからアンパックする。
  4. xとyを出力する。
  5. ついでにzip()の戻り値のデータ型も確認する。
list_x = ["apple", "orange", "banana", "peach", "grape"]
list_y = [120, 150, 80, 300, 800]
for x, y in zip(list_x, list_y):
    print(f"{x}は1個{y}円です。")
print(type(zip(list_x, list_y)))

このようにして複数のリストの要素を分割して取得可能です。

また、enumerate()関数もアンパックと同時によく用いられます。

enumerate()はリストのインデックスと値を同時に取得できる関数です。

zip()と同じく戻り値はタプルになるため、インデックスやデータというタプルになります。

 

それではenumerate()を用いたアンパックのコードについて解説していきます。

  1. 都市の名前を格納したリストlist_aを作成する。
  2. list_aに対してenumerate()を用いて、それをアンパックする。
  3. インデックスiとリストのデータaを出力する。
  4. ついでにenumerate()の戻り値のデータ型も確認する。
list_a = ["Tokyo", "Osaka", "Kobe", "Hakata", "Sapporo", “Nagoya”]
for i, a in enumerate(list_a):
    print(f"list_aの{i}番目の都市は{a}です。")
print(type(enumerate(list_a)))

このようにして、インデックスとデータをバラバラに取得することが可能です。

enumerate()はアンパックした時に先にインデックスが取得されるため、順番には気をつけてください。

 

まとめ

この記事ではアンパックについて解説しました。

アンパックは非常に便利な機能であるため、是非使いこなしてください。

アンパックとよく併用する関数についても使い方をしっかりと覚えておくと、よりスムーズな実装が可能となるでしょう。

 

執筆してくれたメンター

柴山真沙希(しばやままさき)

大手IT企業などでエンジニアとして2年ほど勤務した後、個人事業主としてプログラミングスクール「エンペサール」を経営。

子供から大人まで幅広い層を対象にプログラミングを教えている。

得意言語はPython, HTML, CSSで、機械学習やデータ分析、スクレイピングなどが得意。

サッカー観戦や読書が趣味である。

 

大石ゆかり

Pythonのアンパックがどういったものなのかよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、今後も分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。