Rubyでtrを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでtrを使う方法について現役エンジニアが解説しています。trとはRubyのStringクラスのメソッドで、文字列の置換を行うメソッドです。引数には置換えしたい文字、置換えする文字を指定します。trと似たメソッドにgsubメソッドがありますが、こちらは正規表現で置換えます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyでtrを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyでtrを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

trメソッドでできること

文字列 String クラスの tr メソッドは「文字の置換」を行うメソッドです。
文字列から指定の文字を変換したあとの文字列を返します。
 

リファクタリング

単純に文字を置き換えるだけであれば 同じ置換メソッドであるgsubメソッドより高速になると言われています。
なので、すでにgsubメソッドで書かれているコードでも、単一文字の置き換えで済むのであれば tr メソッドに書き換えたほうが処理も高速になり、コードも単純になります。
 

引数の変換

与える引数は2つです。

第一引数に「置換したい文字」を与えます。第二引数に「置換する文字」を与えます。
 

trとgsubの違いとは

trメソッドは「(単一)文字」を置き換えるメソッドになります。引数に文字列をあたえることもできますのが、それぞれのインデックス位置の一致する文字に置き換わるだけです。

それに対し、gsubメソッドは正規表現を活用し「文字列」を変換するメソッドになります。
 

trを使う方法

以下のように「tr(“変換したい文字”, “置き換え文字”)」のように文字列のインスタンスメソッドとして使用します。

文字列のインスタンス.tr("変換したい文字",  "置き換え文字")

Rubyのtrメソッドの例:

"abcdefg".tr("abc","123")

それぞれインデックス位置の一致する文字に置き換えられます。
上記の例ではそれぞれ「a」が「1」に、「b」が「2」に、「c」が「3」に置き換えられます。
 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

# 文字列を作成します。
str = "abcdefg"

# 「a」を「1」に置き換えます。
puts str.tr("a", "1") #=> "1bcdefg"

# それぞれ「a」が「1」に、「b」が「2」に、「c」が「3」に置き換えます。
# それぞれインデックス位置の一致する文字に置き換わることを意識します。
puts str.tr("abc","123") #=> "123defg"

# 小文字が大文字に置き換えます。
puts str.tr("a-z","A-Z") #=> "ABCDEFG"

__END__

 

実行結果

1bcdefg
123defg
ABCDEFG

 

まとめ

trメソッドを使うことで簡単に文字を置き換えることができました。

  • trメソッドは「文字の置き換え」をするメソッド。
  • インデックス位置が一致する文字に置き換わる。
  • trは「文字の置換」、gsubは「文字列の置換」。

 

筆者プロフィール

メンター古川さん

Rubyが得意で、Webエンジニアとして最上流から最下流までセルフスターターとして活躍してきました。

近年 セミリタイアし、フリーランスとして適度に働きながら穏やかな生活を楽しでいます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。