Rubyでsortを使って降順にする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでsortを使って降順にする方法について現役エンジニアが解説しています。sortとは並び替えることで、文字列や数値などを昇順や降順に並べ替えることが出来ます。Rubyで降順に並べ替えるにはsortメソッドに続けて、reverseメソッドを使う方法があります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyでsortを使って降順にする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyでsortを使って降順にする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

sortとは

簡単に言ってしまうと「並び替えること」です。

昇順、降順に並び替えることをそれぞれ「昇順ソート(する)」「降順ソート(する)」と表現します。
 

sortを使って降順にする方法

sortメソッドに加えてreverseメソッドを呼び出す方法がシンプルでわかりやすいでしょう。

配列オブジェクト.sort.reverse

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

# 数値の場合、それぞれ昇順ソートと降順ソートを比べてみます。
arr = [3, 2, 7, 4, 5, 9, 1, 8, 6, 10, 11]
p arr.sort #=> [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11]
p arr.sort.reverse #=> [11, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1]
# 文字の場合、それぞれ昇順ソートと降順ソートを比べてみます。
arr = ["d", "a", "e", "b", "c"]
p arr.sort #=> ["a", "b", "c", "d", "e"]
p arr.sort.reverse #=> ["e", "d", "c", "b", "a"]
# やっかいなパターン「数字の文字列」です。
# それぞれ昇順ソートと降順ソートを比べてみます。
arr = ["3", "2", "7", "4", "5", "9", "1", "8", "6", "10", "11"]
# 普通にソートすると、(文字列なので)"2" よりも "10" や "11" のほうが小さいと判定されます。
p arr.sort #=> ["1", "10", "11", "2", "3", "4", "5", "6", "7", "8", "9"]
p arr.sort.reverse #=> ["9", "8", "7", "6", "5", "4", "3", "2", "11", "10", "1"]
# これを回避するにはsortメソッドにブロックを受け渡します。
# ブロックの中で数値化( to_i )して、UFO演算子を使った比較結果でソートします。
p arr.sort{|a,b| a.to_i <=> b.to_i } #=> ["1", "2", "3", "4", "5", "6", "7", "8", "9", "10", "11"]
p arr.sort{|a,b| a.to_i <=> b.to_i }.reverse #=> ["11", "10", "9", "8", "7", "6", "5", "4", "3", "2", "1"]
__END__

 

実行結果

#=>
[1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11]
[11, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1]
["a", "b", "c", "d", "e"]
["e", "d", "c", "b", "a"]
["1", "10", "11", "2", "3", "4", "5", "6", "7", "8", "9"]
["9", "8", "7", "6", "5", "4", "3", "2", "11", "10", "1"]
["1", "2", "3", "4", "5", "6", "7", "8", "9", "10", "11"]
["11", "10", "9", "8", "7", "6", "5", "4", "3", "2", "1"]

 

まとめ

sortメソッドとreverseメソッドを使うことで簡単に降順にソート( sort )できましたね。

どんどん活用していきましょう。
 

筆者プロフィール

メンター古川さん

Rubyが得意で、Webエンジニアとして最上流から最下流までセルフスターターとして活躍してきました。

近年セミリタイアし、フリーランスとして適度に働きながら穏やかな生活を楽しでいます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。