Rubyでブロックを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでブロックを使う方法について現役エンジニアが解説しています。do … endをブロック構文と呼び、doからendまでの一連のコードをブロックと呼びます。主にブロックを引数に取るeachメソッドなどの繰り返し文で用いられます。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

Rubyでブロックを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyでブロックを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

ブロックとは

「do … end」をブロック構文と呼び、doからendまでの一連のコードをブロックと呼びます。

「do … end」のブロック構文はeachメソッドを代表とする繰り返し処理の印象が強いため、「ブロック イコール 繰り返し処理」というイメージがあります。しかし、厳密には「 do … end 」で囲まれたコードの「塊」を単に「ブロック」と呼びます。必ずしも「繰り返し処理」と関係するわけではありません。
 

ブロックを使う利点と使われるケース

主に each メソッドなど繰り返し構文で使われます。

上級者向けの使い方になりますが、他にはブロックを引数にとるメソッドに受け渡してyieldやcallメソッドで評価する方法もあります。
 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

ブロックを使う方法

例としてeachメソッドを見てみましょう。

(1..10).each do |v|
  puts v
end

このdoからendをブロックと表現します。
この「 do … end 」はそれぞれ「 { … } 」(波括弧)で書き換えることも可能です。

(1..10).each { |v|
  puts v
end

好みによって書き分けることも可能ですが、一般的には複数行に渡ってブロックを記述する場合は「 do … end 」を使い、以下のように一行で記述する場合に「 { … } 」(波括弧)を使うのが通例になっています。

(1..10).each {|v| puts v }

 

実際に書いてみよう

# each はブロックを引数にとります。
(1..3).each do |v|
  puts v
end
# 波括弧 {} で記述することもできます。
(1..3).each {|v| puts v }
# do-end のブロックの受け取り yield で評価するメソッドを定義します。
def yield_method
  yield "do end yield block!"
end
# do-end のブロックを受け渡して定義したメソッドを呼び出します。
yield_method do |val|
  puts val #=> "do end yield block!"
end
# do-end のブロックの受け取り call で呼び出すメソッドを定義します。
def blockcall_method(&block)
  block.call("do end call block!")
end
# do-end のブロックを受け渡して定義したメソッドを呼び出します。
blockcall_method do |val|
  puts val #=> "do end call block!"
end
__END__

 

実行結果

1
2
3
1
2
3
do end yield block!
do end call block!

 

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料体験 に参加してみませんか?

初心者でも最短1時間で学習が体験できるカリキュラム、現役エンジニアに何でも相談できるカウンセリング、無制限のチャット質問サービスすべて無料で体験 できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら体験者限定の割引特典付き! 無料体験はこちら

まとめ

まとめてみましょう。

  • doからendまでの一連のコードの塊をブロックと呼ぶ。
  • doはendとセット。
  • 「 do end 」はそれぞれ波括弧「 { } 」で代用も可能。
  • eachなど繰り返し構文でよく使われる。
1時間でできる無料体験!

ブロックをどんどん活用していきましょう。
 

筆者プロフィール

メンター古川さん

Rubyが得意で、Webエンジニアとして最上流から最下流までセルフスターターとして活躍してきました。

近年セミリタイアし、フリーランスとして適度に働きながら穏やかな生活を楽しでいます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。

独学に限界を感じたら…テックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 独学に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料で予約する