PHPでasortで配列を並び替える方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPでasortで配列を並び替える方法について現役エンジニアが解説しています。PHPのasort()関数とは、連想配列のキーと要素の関係を維持しつつ配列をソート(並び替え)する関数です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

PHPでasortで配列を並び替える方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPでasortで配列を並び替える方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

asortとは

PHPのasort()関数は、連想配列のキーと要素の関係を維持しつつ配列をソート(並び替え)する関数です。

そのため、連想配列の要素を基準にソートされるので、キーと関連する要素はソートされる前と後では変わりません。。

 

asortで配列を並び替える方法

asort()関数を使用して、配列を並び替える方法についてみていきましょう。

asort ($配列 [, $ソートフラグ] )

asort()関数の第一引数には、ソートする配列を渡します。

 

第二引数には、オプションで「ソートフラグ」と呼ばれるソートの詳細を修正するフラグを渡すことが可能です。

デフォルトでは、「SORT_REGULAR」というソートフラグが設定されている状態です。

ソートフラグ「SORT_REGULAR」は型変換を特に意識せずに配列内の値を比較しソートします。

返却値は、ソートされた配列が返されるでしょう。

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

asort()関数を使用して、実際に配列をソートする例を見ていきましょう。

<?php
$fruits = ["b" => "orange", "a" => "lemon", "c" => "apple"];
$result = asort($fruits);
print_r($result);

 

出力結果

Array
(
  [c] => apple
  [a] => lemon
  [b] => orange
)

上記の例では、連想配列$fruitsをasort()関数に引数として渡すことで、ソートされた連想配列が$resultの中に代入されます。

出力結果をみると、要素を基準にアルファベット順に要素がソートされていることが確認可能です。

連想配列のキーは、ソートする前の要素と連携しており、「キーと要素の関係が維持される」ということを確認できるでしょう。

このように、asort()関数は、要素を重視してソートしたいというような時に使用するとよいでしょう。

 

執筆してくれたメンター

平野大輝(ひらのだいき)

スキル:PHP・Java・JavaScriptを用いて様々なアプリを開発するWebエンジニア。

 

大石ゆかり

PHPでasortで配列を並び替える方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。