Pythonにおけるgetattr()の利用方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonにおけるgetattr()の利用方法について現役エンジニアが解説しています。getattr()とはオブジェクトで指定された属性の値を返す関数です。属性の値とはクラスのメンバー変数のことです。引数にはオブジェクトと、変数名を指定します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonにおけるgetattr()の利用方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonにおけるgetattr()の利用方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

getattr()とは?

getattr()とはPythonの組み込み関数の一つで、オブジェクトで指定された属性の値を返す関数です。

属性とは、クラスのメンバー変数のことを指します。この関数を使用することで、オブジェクトの属性の値の他にオブジェクト内で定義された値を取り出すことができます。
 

getattr()の使い方

続いて具体的な使い方を紹介します。

以下のように第1引数(object)にはオブジェクト名、第2引数(name)には属性(変数)名を指定します。

第3引数(default)には第2引数で定義した属性が存在しなかったときに出力する値を設定します。なお、第3引数に関しては任意なのでなくても大丈夫です。第2に引数で指定した属性で引数が必要なときは、2つ目の括弧内に引数を設定することが可能です。つまり、この場合はobject.name(引数)と同じ意味になります。

getattr(object, name[, default])()

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

getattr()を利用して属性を取得してみよう

それでは、実際にgetattr()を使ってみましょう。

以下のサンプルコードを実行します。

class hello():
    def __init__(self):
        self.x = 1
        self.y = 2
    def plus(self):
        return x + y
    def minus(self):
        return self.y - self.x
    def args(self, s):
        return "I got {}".format(s)

if __name__ == "__main__":
    cl = hello() 
    print(getattr(cl, "x"))
    print(getattr(cl, "plus")())
    print(getattr(cl, "minus")())
    print(getattr(cl, "multi", "None"))
    print(getattr(cl, "args")("Hello World"))

以下が実行結果になります。

1
3
1
None
I got Hello World

ここで注目することとしてはclass内の変数を取得する際には2つ目の括弧を省略していて、関数を呼び出している際には、戻り値を取得する際にはたとえ引数がなくても括弧を省略していません。

上記の例であれば、cl.plus()やcl.minus()としていることと同じになります。
 

監修してくれたメンター

メンター三浦

モバイルゲームを運用している会社のエンジニアをしています。趣味でWEB開発やクラウドコンピューティングもやっており、ソフトもハードもなんでもやります。

TechAcademyジュニアではPythonロボティクスコースを担当しています。好きな言語はPython, Node.js。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。