JavaScriptで2つの日付の差分を求める方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptで2つの日付の差分を求める方法について現役エンジニアが解説しています。日付は単純に足したり引いたりすることができません。JavaScriptではDate型のクラスを使って日付や時刻の差分を求められます。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

JavaScriptで2つの日付の差分を求める方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

 

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をみてみましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptで2つの日付の差分を求める方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Date型とは

Date型とはJavaScriptで、日付や時刻を扱うためのクラスです。

Date型を使うとプログラム上で現在時刻の取得や計算を行うことが可能となり、現在の時刻や任意の時刻設定が可能となります。

 

getTimeメソッドとは

getTimeメソッドとは、1970年の1月1日の0時0分0秒から現在まで何ミリ秒が経過したかを取得するメソッドです。

1970年の1月1日の0時0分0秒から何秒たったかという値はUNIXタイムと呼ばれるもので、コンピュータの様々な場面で使われています。

例えば、以下のようにすると1970年の1月1日から2020年の1月1日まで何ミリ秒経過したかを取得可能です。

var now = new Date(2020, 1, 1);
var time = now.getTime();
console.log(time);

 

[PR] フロントエンドで副業する学習方法を動画で公開中

2つの日付の差分を求める方法

プログラムを書いていく中で2つの日付の差分を求めたい場面が出てくるでしょう。

例えば、キャンペーンの応募終了まであと何日だとか表示する場合ですね。

そのようなときは以下の方法で2つの日付の差分を求めることが可能です。

差分を求めたい日付を1970年の1月1日から何ミリ秒たったかで取得し、その差を求めます。

このタイミングで、取得できるのはそれぞれの日付のミリ秒での差であるため、この値を1日をミリ秒に換算した値で割れば、2つの日付の差分を求めることが可能です。

それでは、次に実際にプログラムを書いてみましょう。

 

実際に書いてみよう

var date1 = new Date(2020, 1, 1);
var date2 = new Date(2020, 2, 5);
var termDay = (date2 - date1) / 86400000;
console.log(termDay);

このプログラムは2020年1月1日から2020年2月5日までに何日間の差があるかを計算したものになります。

それぞれの日付をDate型で取得し、その差を8640000(1日をミリ秒に換算したもの)で割ることにより何日経過したかを知ることが可能です。

 

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料体験 に参加してみませんか?

初心者でも最短1時間で学習が体験できるカリキュラム、現役エンジニアに何でも相談できるカウンセリング、無制限のチャット質問サービスすべて無料で体験 できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら体験者限定の割引特典付き! 無料体験はこちら

まとめ

今回のJavaScriptで2つの日付の差分を求める方法は、WebアプリやWebサイトを作成する場合に役立ちます。

日付を操作したり表示したりといった場面が出てくることは多いので、日付の操作に慣れていきましょう。

 

執筆してくれたメンター

黒木一志(おおたかずき)

TechAcademyジュニアのゲームアプリコースを担当しています黒木です。

現在は会社員としてシステムエンジニアをしております。

会社ではC#にて業務系アプリの開発を行っておりますが、過去にはCakePHP、Ruby on Railsを使ったWebアプリ開発を行っておりました。

プライベートではバンド演奏や本を読んだり映画を見たりしております。

最近はスケボーにハマってます。

みなさんにプログラミングの楽しさをお伝え出来たらと思っております。

何卒宜しくお願い致します。

 

大石ゆかり

JavaScriptで2つの日付の差分を求める方法についてよくわかったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。

独学に限界を感じたら…テックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 独学に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料で予約する