Javaのメソッドチェーンについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのメソッドチェーンについて解説しています。メソッドチェーンはメソッドを繋げて呼び出すものです。メソッドの基本とメソッドチェーンの書き方、使用例を見ていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Javaのメソッドチェーンについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

メソッドチェーンについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

メソッドとは

メソッドとは、クラスに対して定義された「機能」のことであり、「処理のまとまり」のことと指すものといっても良いでしょう。

メソッドはクラス内で以下のように記述します。

//人間クラス

class Person:

{

//これらをフィールドと呼びます

String name;

int age;



//これをメソッドと呼びます

void introduce()

{

System.out.println(“名前は” + name + “です。”);

System.out.println(“年齢は” + age + “です。”);

}

}

 

ここではintroduce()がメソッドとなりこのメソッドは名前と年齢を出力するという処理内容です。

下記では定義したメソッドを使用し、簡潔に行う処理の手順をまとめます。

 

1. インスタンスを生成

2. フィールドの値を設定

3. メソッドを呼ぶ

 

Class Test:

{

public static void main(String[] args)

{

Person pr1 = new Person();

pr1.name = “tanaka”;

pr1.age = 26;

pr1.introduce();

}

}

 

メソッドチェーンとは

ここでは、本題のメソッドチェーンについてみていきましょう。

メソッドチェーンとは、“.”を使ってメソッドを繋げて呼び出す方法のことです。

チェーンのように繋がっていることからそう名付けられました。

つまり、先ほどの方法を連続して実施するということです。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

メソッドチェーンの使用例

メソッドチェーンの使用例を見ていきましょう。

例えば、チェーンメソッドが用いられている一番わかりやすい例としては以下のコードが挙げられます。

 

System.out.println(“Hello World!”);

 

このコードの意味は、「Systemというクラスのoutというフィールドにおいてprintlnメソッドを呼び出す」という意味です。

そのため”.”でつながっており、”.”は日本語における「の」だと捉えてみましょう。

 

 

メソッドチェーンの注意点

メソッドチェーンはコードが手短にかける便利なものです。

しかし、戻り値の実態をよく理解しないまま書いてしまいがちです。

そのため、よく理解していないメソッドをつなげると意図せぬ結果になってしまうこともあるといえるでしょう。

慣れていない場合は無理せず一つずつメソッドを適用していきましょう。

 

実際に書いてみよう

最後に実際にメソッドチェーンを用いてコードを書いてみましょう。

処理の内容を簡潔に内容をまとめると以下のように記述可能です。

1. Humanクラスを定義

2. setName, setAgeメソッドを定義。これらのメソッドではインスタンス自身を返す。

3. showメソッドを定義。

4. インスタンスを生成し、メソッドチェーンを用いてメソッドをコール。

 

実際のコードは次のようになります。

class Human {

    String name;

    int age;

    MyClass setName(String name) {

        this.name = name;

        return this;

    }

    MyClass setAge(int age) {

        this.age = age;

        return this;

    }

    void show() {

        System.out.println("My name is" + name + "My age is" + age);

    }

}

public class Main {

    public static void main(String args[]) {

        Human man1 = new Human();

        man1.setName(“Takeda”).setAge(40).show();

    }

}

 

 

まとめ

この記事ではメソッドチェーンについて解説しました。

メソッドチェーンは実際の現場でもよく用いるものです。

メソッドチェーンを利用することで手短にコードを書けるようになるため、是非習得してみてください。

 

執筆してくれたメンター

柴山真沙希(しばやままさき)

大手IT企業などでエンジニアとして2年ほど勤務した後、個人事業主としてプログラミングスクール「エンペサール」を経営。

子供から大人まで幅広い層を対象にプログラミングを教えている。

得意言語はPython, HTML, CSSで、機械学習やデータ分析、スクレイピングなどが得意。

サッカー観戦や読書が趣味である。

 

大石ゆかり

Javaのメソッドチェーンがどういったものか、分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。