JavaでListとSetを変換する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaでListとSetを変換する方法について解説しています。最初にList型とSet型の特徴と違いを説明します。次にListからSetへ変換する場合とSetからListへ変換する場合、それぞれの書き方を学習しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaでListとSetを変換する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

ListとSetを変換する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Listとは

まずは、List型についてかんたんに説明します。List型というのは、

int[]

などで宣言のできる配列をさらに便利にしたようなもので、

List<データ型名> オブジェクト名 = new ArrayList<データ型名>();

のようにして、保持したいデータの型名を指定して宣言します。List型にデータを追加したい場合は、addメソッドを使って、

オブジェクト名.add(データの値);

のようにすることで可能になります。

 

Setとは

続いては。Set型について説明します。

Set型は、基本的にはList型とほとんど同じようなものだと思ってもらって構わないのですが、Set型とList型の大きな違いとしては、Set型では同じ値を重複して保持することができない、というところにあります。

Set型を宣言したい場合には、List型のときとほぼ同じように

 Set<データ型名> オブジェクト名 = new HashSet<データ型名>();

とします。データを追加したい場合も同様で、

オブジェクト名.add(データの値);

とます。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

ListからSetへ変換する方法

List型とSet型は似ているデータ型であるので、相互に変換することができます。

List型からSet型へ変換するためには、Set型の宣言のときのコンストラクタ変数に、List型変数を渡して、

Set<データ型名> Set型オブジェクト名 = new HashSet<データ型名>(List型オブジェクト);

のように記述することで、List型をSet型に変換することができます。コンストラクタ変数というのは、オブジェクトを生成する際にわたす変数のことだと思ってください。

 

SetからListへ変換する方法

Set型からList型に変換したい場合には、List型からSet型への変換のときと同じようにList型のコンストラクタ変数にSet型変数を渡して、

List<データ型名> オブジェクト名 = new ArrayList<データ型名>(Set型変数);

とすることで変換できます。

 

実際に書いてみよう

それでは、実際にコードを記述して、List型とSet型の相互の変換をしてみましょう。

import java.util.ArrayList;
import java.util.List;
import java.util.HashSet;
import java.util.Set;

public class ListSetSample{
        public static void main(String[] args){
                 //List型を生成
                List<String> list1 = new ArrayList<String>();
                 list1.add("a");
                 list1.add("b");
                 list1.add("c");
                 list1.add("d");
                 list1.add("e");

                System.out.println("もとのList");
                 System.out.println(list1);

                //List型からSet型を生成
                Set<String> set1 = new HashSet<String>(list1);

                System.out.println("Listから作ったSet");
                 System.out.println(set1);

                 //Set型からList型を生成
                List<String> list2 = new ArrayList<String>(set1);
                 System.out.println("Setから作ったList");
                 System.out.println(list2);

        }
}

これを実行すると、

もとのList
[a, b, c, d, e]
Listから作ったSet
[a, b, c, d, e]
Setから作ったList
[a, b, c, d, e]

と表示されるので、List⇔Setの変換がうまく行ったことが確認できます。

 

まとめ

この記事では、JavaにおけるList型とSet型の変換方法について解説しました。それぞれのデータ型に利点があるので、変換することによって両方の良いところを使うことができます。

ぜひ覚えておいてください。

 

監修してくれたメンター

小倉翔悟 (おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。プログラミング歴は約3年。Pythonは割と好きな方。JavaもAndroid開発で触れていたりする。

大学では物理学を勉強中。好きな物理理論は一般相対性理論らしい。

意外と動物が好きだったり、、、。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。