【Windows】Pythonでスクリプトを自動実行する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでスクリプトを自動実行する方法について現役エンジニアが解説しています。スクリプトを自動実行するにはcronやタスクスケジューラーなどを使う方法があります。今回はWindowsのタスクスケジューラーを使って、Pythonプログラムを指定時間に実行する方法を解説します。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

監修してくれたメンター

nakamoto

アジマッチ有限会社代表取締役社長。書籍化歓迎。対応業務:PHP(Laravel)、機械学習、Vue.js、LAMP・AWS、越境EC、CTO、エンジニア採用、CTO、経営者の不安解決コンサルティング。

Pythonでスクリプトを自動実行する方法について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Windowsにおいて、Pythonでスクリプトを自動実行することができれば、実行が必要な時間に自分で実行する必要がなくなります。

実務でも、Pythonでスクリプトを自動実行することで夜間に処理を行うため、ぜひ学習してみてください。

目次

1時間でできる無料体験!

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonでスクリプトを自動実行する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Windows10環境での自動実行の方法を解説します。

Pythonに限らず、「スクリプトを記述してファイルに保存したものを、自動で実行したい」という状況はみなさんもよくあるかと思います。

例えば、定期的に特定のメッセージを取り出して別のファイルに保存したり、特定のアプリケーションを起動させたりすることです。

今回はWindows10があれば、特別なアプリやライブラリの別途インストールなどの必要なく気軽に自動実行を行う方法を解説します。

 

Pythonでスクリプトを自動実行する手順

大まかな手順は以下の通りです。

  1. Pythonスクリプトを記述して、xxxx.pyファイルとして保存する
  2. xxxx.pyを実行するバッチファイルyyyy.batファイルを作成し保存する
  3. Windowsのツール、「タスクスケジューラ」を使用して、yyy.batファイルを実行する

 

1.Pythonスクリプトを記述する

今回は単純なテキスト出力のファイルを、例として使用します。

次のコードをhello.pyという名前で保存します。

print("hello python")

 

2.バッチファイルを作成する

hello.pyファイルを呼び出して実行するバッチファイル(call_python.bat)を作成します。

call_python.batサンプルコード

 python c:sakaworkpydmentorhello.py
  REM 実行するpythonスクリプトファイル"hello.py"はフルパスで指定します。
  pause

解説

python c:sakaworkpydmentorhello.pyでは、print(“hello python”)と記載されたpythonファイルを指定して実行しています。

REMでは、「実行するpythonスクリプトファイル”hello.py”はフルパスで指定します。」というコメントを残しています。

pause ではDOSターミナルを、バッチファイル実行後も表示させたままにしています。

 

3.Windowsプリインストールのアプリ「タスクスケジューラ」で自動実行設定を行う

今回はタスクスケジューラを使用して、ある時間が来たら、設定したスクリプトを実行するように設定してみましょう。

 

起動方法

スタートメニューの検索窓で「タスクスケジューラ」と入力し、「検索」ボタンを押すと設定ウィンドウが表示されます。

Windowsのスタートメニューの検索窓でタスクスケジューラと入力すると表示される設定ウィンドウ。

 

タスクの設定方法

プルダウンメニューの「操作」から「基本操作」を選択してください。

Windowsのタスクスケジューラーから操作を選択し、基本操作を選択する画像。

 

今回は「1回のみ」、「ある時間が来たら実行する」設定を行います。

Windowsのタスクスケジューラーの基本タスクの作成ウィザードで、トリガーを設定する画面。

 

実行するプログラムは上記で作成した、バッチファイル(call_python.bat)です。

Windowsのタスクスケジューラーの基本タスクの作成ウィザードで、実行するファイルを設定する画面。

これでタスクスケジューラの設定は完了です。

 

実行結果

設定した時間になると、自動でDOS窓が起動して、設定したプログラムを実行しました。

設定した時間になると自動でDOS窓が起動して、設定したバッチファイルが起動して、Pythonプログラムが実行されました。

 

まとめ

今回は、Windows10環境でPythonでスクリプトを自動実行する方法を解説しました。

Pythonスクリプトを記述し、バッチファイルを作成し、タスクスケジューラで自動実行の設定を行いました。

今回学習した自動実行方法はPythonだけでなく、様々なスクリプトやプログラムに対して応用可能です。

 

大石ゆかり

内容が分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

Pythonを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPythonコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、人工知能(AI)や機械学習の基礎を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する