Javaで現在日時を取得する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaで現在日時を取得する方法について解説しています。ここではDateクラスを使った方法、Calendarクラスを使った方法、LocalDateTimeクラスを使った方法を紹介します。それぞれの書き方と違いを覚えましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Javaで現在日時を取得する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

現在日時を取得する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

現在日時を取得する方法

Javaでは、日時を取得・計算・表示するためのクラスが用意されています。

昔からJavaを知っているエンジニアにとってはDateクラスとCalendarクラスを使う方式が伝統的です。

しかし、2014年にJava8がリリースされてからは、LocalDateTimeクラスを使う方式が主流と変化しています。

また、取得した日付情報を日常でよく使う表示形式である2020/10/10などの形式で表示するためには、別途フォーマットをするためのFormatterというクラスも同時に使う必要があります。

 

Dateクラスを使って取得する方法

引数無しコンストラクタからインスタンスを生成します。

// 現在日時情報で初期化されたインスタンスの生成
Date dateObj = new Date();

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

Calendarクラスを使って取得する方法

Calendarクラスは基本的に、Dateクラスと連携して日付情報の計算を実施するために使われるクラスです。

しかし、Calendarクラスだけでも以下のように現在日時情報を取得することができます。

// 日付情報は初期化されて固定される
Calendar cal = Calendar.getInstance();

Javaに詳しい方はシングルトンを取得しているようにみえるでしょう。

実際はFactoryクラスからnew していますので、日時情報はgetInstance()実行時に初期化されて固定されます。

 

LocalDateTimeクラスを使って取得する方法

new演算子を使わずに、専用のメソッドを使います。

LocalDateTime nowDateTime = LocalDateTime.now();

 

実際に書いてみよう

実際に、DateクラスとLocalDateTimeクラスを使って指定フォーマットで現在日時を表示させるプログラムを書いてみましょう。

それぞれ別のフォーマットクラスを使う点に注意してください。

Dateクラスを利用したプログラム

 // 現在日時情報で初期化されたインスタンスの生成
 Date dateObj = new Date();
 SimpleDateFormat format = new SimpleDateFormat( "yyyy/MM/dd HH:mm:ss" );
 // 日時情報を指定フォーマットの文字列で取得
 String display = format.format( dateObj );
 System.out.println( "=== Dateクラスを利用 ===" );
 System.out.println( display );

LocalDateTimeを利用したプログラム

 // 現在日時情報で初期化されたインスタンスの取得
 LocalDateTime nowDateTime = LocalDateTime.now(); 
 DateTimeFormatter java8Format = DateTimeFormatter.ofPattern("yyyy/MM/dd HH:mm:ss");
 // 日時情報を指定フォーマットの文字列で取得
 String java8Disp = nowDateTime.format( java8Format );
 System.out.println( "=== LocalDateTimeクラスを利用 ===" );
 System.out.println( java8Disp );

実行結果

=== Dateクラスを利用 ===
2020/02/04 20:10:31
=== LocalDateTimeクラスを利用 ===
2020/02/04 20:10:31

 

まとめ

DateクラスやLocalDateTimeクラスで現在時刻を取得し、各クラスに応じたFormatterクラスを使って任意の表示形式で日付を表示することができました。

日付の取得と表示は多くのアプリケーションで必須の操作であり、使いこなせるようになりましょう。

 

執筆してくれたメンター

寺谷文宏

WEBアプリケーションエンジニアとして数多くのプロジェクトを経験し、フロントエンドからサーバーサイドまで総合的な開発を得意としています。

TechAchademyではフロントエンド、Javaコースを担当。

 

大石ゆかり

Javaで現在日時を取得する方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。