Javaのtry-catch-finally文の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのtry-catch-finally文の使い方について解説しています。try-catch-finally文を使用することで、エラーが発生したときの処理を設定することができます。書き方、使用時の注意点について学びましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Javaのtry-catch-finally文の使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

try-catch-finally文の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

try-catch文とは

try-catch文とは、Javaにおける例外処理と呼ばれるエラーとなる場合に使用するものです。

例えば、プログラム実行時にエラーが発生してしまったことがあり、予期せぬエラーのことをJavaでは「例外」と表します。

そして、例外が発生する場合にtry-catch文を使用します。

これらの例外に対処するのが例外処理です。

 

try-catch文の使い方

以下、try-catch文の使い方になります。

try {
	発生する(可能性のある)処理
} catch(例外クラス) {
	例外処理
}

例外の起きる(可能性がある)処理をtryブロックで指定し、処理をcatchブロックに渡すことが可能です。

catchブロックの()には、処理できるものの例外となる可能性のあるものを記述しましょう。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

try-catch-finally文とは

try-catch文にfinallyブロックを追加し、処理がエラーであってもプログラムを実行することが可能です。

finallyのブロックは例外が発生した場合でも、発生しなかった場合でも処理され、プログラム自体は強制終了します。

 

try-catch-finally文の使い方

以下、try-catch-finally文の使い方です。

try {
	発生する(可能性のある)処理
} catch(例外クラス) {
	例外処理
} finally {
	必ず実行される処理
}

 

try-catch-finally文の注意点

try文を使用する場合、このfinallyブロックかcatchブロックを記述する必要があります。

しかし、検査例外が発生する場合にはcatchブロックは必須です。

 

実際に書いてみよう

以下、サンプルコードです。

public class FinallyTest {
	public static void main(String[] args) {
		try {
			int[] array = new int[3];
			array[3] = 5;
		} catch(ArrayIndexOutOfBoundsException e) {
			System.out.println("x");
		} finally {
			System.out.println("y");
		}
		System.out.println("z");
	}
}

実行結果

x
y
z

このサンプルでの配列変数arrayは要素数3の配列で、変数array[3]という要素は生成されていません。

そのため、存在しない要素にアクセスしようとしたのでRuntimeExceptionのサプクラスのひとつであるArryIndexOutOfBoundsExceptionが発生します。

catchブロックではこの例外を捕捉し、xを出力したうえで、finallyブロックは常に実行されるのでyが出力されるでしょう。

最後にzが出力されてプログラムが終了する流れです。

 

まとめ

実行時エラーが発生したの時のことを考慮するのは、最初のうちは難しいといえます。

しかし、プログラムが異常終了しないように考えることも重要であるため、エラーが起きた際に考慮できるようになりましょう。

 

執筆してくれたメンター

松井紀明

メーカー系で17年エンジニアとして勤務後、現在はフリーのエンジニアとしてリモートワークで働いています。

Java、Perl、COBOL、最近ではRuby、PHP等、様々な言語での開発を経験しています。TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

Javaのtry-catch-finally文の使い方がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。