Javaのインナークラスの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのインナークラスの使い方について解説しています。クラス内に定義されたクラスをインナークラス(内部クラス)といいます。インナークラスの使いどころ、使用時の注意点を見ていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Javaのインナークラスの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

インナークラスの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

インナークラスとは

クラスの中に定義されたクラスのことを内部クラスと言います。内部クラスを利用することで、クラス間の関係がわかりやすくなり、ソースコードがシンプルになり、可読性が増します。また、使用場所を限定し、その存在を外部から隠したい場合にも使用します。

内部クラスは定義された場所によって、呼び出し方や動作が変わってきます。

staticで定義されたクラス

  • インナークラス

static以外で定義されたクラス

  • メンバーインナークラス:クラスのメンバとして定義されたクラス
  • ローカルインナークラス:メソッド内で定義されたクラス
  • 無名インナークラス:ローカルインナークラスの中で名前をつけないもの

 

インナークラスの使い方と注意点

それではそれぞれのインナークラスの使い方を解説していきます。

メンバーインナークラス

メンバーインナークラスとはクラスのメンバとして定義されたクラスです。クラスにはフィールドやメソッドがありますが、それらと同じようにクラスの一つの内側(mainメソッドや他のブロックの外側)に定義します。

アクセス方法はインスタンスを作成する場所によって異なります。

ローカルインナークラス

ローカルインナークラスはメソッドの中でクラスを宣言し、そのメソッド内のみで利用します。ローカルインナークラスの定義は、ローカル変数と同様に、メソッドブロック内に記述します。

ローカルインナークラスを使用するには、そのインナークラスをインスタンス化する必要があり、そのインスタンス化のコードは、メソッド内のクラス定義の後に貴繻子しなければなりません。

無名インナークラス

無名インナークラスは匿名クラスとも呼ばれるローカルインナークラスの一つです。無名インナークラスは、その場限りのサブクラスを定義し、オーバーライドしたメソッドを利用するもので、再利用しないため、名前を付けない事から、無名インナークラスと呼ばれます。

無名インナークラスでは、その定義とインスタンス化をまとめて行います。このクラスの定義を終えるには、中括弧で閉じてセミコロンを付けます。

 

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

・メンバーインナークラス

class Outer{
	Outer(){
		System .out.println("Outerクラスがインスタンス化されました");
	}
	class Inner{
		Inner(){
			System .out.println("Innerクラスがインスタンス化されました");
		}
	}
}
public class NestSample {
	public static void main(String[]args){
		Outer out = new Outer();
		Outer.Inner in = out.new Inner();
	}
}

実行結果

Outer4クラスがインスタンス化されました
Inner4クラスがインスタンス化されました

・ローカルインナークラス

public class LocalSample{
	public static void main(String[] args){
		foo();
	}
	public static void foo(){
		class LocalInner{
			LocalInner(){
				System.out.println("ローカルインナークラスがインスタンス化されました");
			}
		}
		new LocalInner();
	}
}

実行結果

ローカルインナークラスがインスタンス化されました

・無名インナークラス

class MySuper{
	void foo(){
		System.out.println("スーパクラスのfoo()が呼ばれました");
	}
}
public class AnonymousSample {
	public static void main(String[] args) {
		MySuper sp = new MySuper(){
			void foo(){
				System.out.println("無名インナークラスのfoo()が呼ばれました");
			}
		};
		sp.foo();
	}
}

実行結果

無名インナークラスのfoo()が呼ばれました

 

まとめ

インナークラスとは、クラスの中にstatic以外で定義されたクラスであり、定義された場所によって「メンバーインナークラス」「ローカルインナークラス」「無名インナークラス」があります。

 

監修してくれたメンター

松井紀明

メーカー系で17年エンジニアとして勤務後、現在はフリーのエンジニアとしてリモートワークで働いています。
Java、Perl、COBOL、最近ではRuby、PHP等、様々な言語での開発を経験しています。TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。