導入は簡単!WordPressで掲示板を作れるプラグイン5選

WordPressで【掲示板】を作れるプラグインを5つ厳選して紹介した記事です。公式サイトから配布されているプラグインからソーシャル機能を追加できるプラグインまで紹介しています。ショートコードが使えるものもあるので、見比べてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

WordPressはブログや企業サイトの他に、サービスを提供するサイトを作ることも可能です。今回はそのうち、「掲示板」を作れるプラグインをご紹介します。

普通のサイト構築では難しそうなイメージの在る掲示板作成ですが、WordPressではプラグインを使うことで簡単に掲示板を設置することができます。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

1:bbPress 2

keiziban1

公式サイトから配布されているプラグインです。

プラグインを有効化するだけでなく、テーマファイルをtemplateフォルダにFTPクライアントソフトを使ってアップロードすることで利用可能になります。

設定をしてしまえば、ページ作成の時のテンプレートでbbPressを選択するだけで導入できるので簡単です。

bbPress 2

 

 

2:BuddyPress

keiziban3

単なる掲示板だけでなく、Facebookのようなソーシャル機能を追加することもできるプラグインです。

ユーザー情報の登録や、ユーザー同士のメッセージやりとり、グループ機能などかなり本格的なコミュニティページを作成することができます。また、ダッシュボード内でいろいろと設定することが可能です。

BuddyPressの使い方

 

 

[PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中

3.Tal.ki Embeddable Forums

keiziban5

非常に手軽に掲示板機能を追加できるプラグインです。

動画や画像の投稿にも対応しており、気軽な掲示板や、本格的なフォーラムなど汎用性は非常に高いです。

Tal.ki Embeddable Forums

 

 

4:Simple:Press

keiziban4

本格的な掲示板ページの作成に向いているプラグインです。

SNSなどの連携機能はありませんが、ファイルアップロード機能が付いているのは嬉しいですね。

Simple:Press

 

 

5:Mingle Forum

keiziban2

スレッド形式の形式の掲示板を設置できるプラグインです。プラグインを設定すると、管理画面から投稿者の権限や、スレッド名など細かな設定ができる汎用性の高いプラグインです。スキンなども増やすことができるので、自分好みのカスタマイズが可能です。

挿入は、ショートコードを入力するだけなので簡単です。

Mingle Forum

 

いかがでしたか?

ぜひ気に入ったプラグインを導入してみましょう。

 

他にWordPressのプラグインを知りたい場合は、WordPressでECサイトが作れる!ショッピングカートを追加できるプラグインも合わせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。