PHPで配列に指定した値が存在するかチェックする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPで配列に指定した値が存在するかチェックする方法について解説しています。指定した値が配列に存在するかどうかを確認するにはPHPのin_array関数を使います。引数には検索したい値、検索対象の配列、オプションとして検索する値のデータ型のチェックを行うか指定できます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

今回は、PHPで配列に指定した値が存在するかチェックする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、PHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPで配列に指定した値が存在するかチェックする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

この記事では、配列に指定した値が存在するかチェックする方法について解説しています。

配列の中身を操作する処理は実際の開発でもよく使われるので、習得できるように頑張りましょう。

目次

  1. in_array関数とは
  2. 配列に指定した値が存在するかチェックする方法
  3. 実際に書いてみよう
  4. まとめ

in_array関数とは

PHPのin_array関数は、配列の中に指定した値が存在するかチェックする関数です。

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

配列に指定した値が存在するかチェックする方法

配列に指定した値が存在するかチェックするためには、PHPのin_array関数を使用します。

それでは、in_array関数の使用方法について見ていきましょう。

使い方:

in_array ($検索する値 , $配列 [,?$strict = FALSE ] )

 

第一引数には、検索する値を渡し、第二引数には、検索対象の配列を渡します。

第二引数に渡した配列の中から、第一引数の値が存在するか確認し、検索した結果存在した場合は、boolean型のtrueが返却され、存在しなかった場合は、boolean型のfalseが返却されます。

第三引数はオプションでboolean型のtrueを渡すことで、検索する値の型まで厳密にチェックできます。(strict = 厳密)

デフォルトでは、boolean型のfalseが設定されてるため、第三引数にtrueを渡さなければ型までチェックしない検索を行います。

実際に書いてみよう

それでは、実際にin_array関数の使用例を見ていきましょう。

サンプルコード

<?php
$array = ['apple', 'orange', 'grape'];

// 値の存在チェック①
if(in_array('orange', $array)) {
    echo 'orangeは配列内に存在します';
}
// 値の存在チェック②
if(in_array('peach', $array)) {
    echo 'peachは配列内に存在します';
}
?>

 

実行結果

orangeは配列内に存在します

上記のサンプルコードでは、配列$arrayの中から、①では文字列orange、②では文字列peachを検索しています。

①では、配列$arrayの中に、文字列orangeが存在するので、in_array関数の実行結果にtrueが返却され、ifブロック内の文章が出力されています。

②では、配列$arrayの中に、文字列peachが存在しないので、in_array関数の実行結果にfalseが返却され、ifブロック内の処理が実行されていません。

データ型を厳格(strict)にチェック

続いてin_array関数の第三引数にtrueを渡して、検索する値のデータ型までチェックする方法についての例を見ていきましょう。

サンプルコード

<?php
$array = ['1', 10, '100'];
// 値の存在チェック①
if(in_array('10', $array, true)) {
    echo '文字列10は配列内に存在します';
}
// 値の存在チェック②
if(in_array(10, $array, true)) {
    echo '数値10は配列内に存在します';
}
?>

 

実行結果

数値10は配列内に存在します

上記のサンプルコードでは、配列$arrayの中から、①では文字列の10、②では数値の10を検索しています。

①では、配列$arrayの中に文字列の10は存在しないので、ifブロック内の処理は実行されていません。

②では、配列$arrayの中に数値の10が存在するので、ifブロック内の処理が実行され、文章が出力されています。

in_array関数の第三引数にtrueを設定することで、このようにデータ型まで厳格にチェック可能になります。

まとめ

以上、in_array関数を使用して配列の中から指定の値を検索する方法についてご紹介しました。

配列の中の値を検索するような場面は、実際の開発でもよく使われるような処理なので、

in_array関数の使用方法を学び、実際の開発で活用できるようにしましょう。

 

筆者プロフィール

平野大輝(ひらのだいき)

スキル:PHP・Java・JavaScriptを用いて様々なアプリを開発するWebエンジニア。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。