PythonでBottleフレームワークのテンプレートを利用する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでBottleフレームワークのテンプレートを利用する方法について現役エンジニアが解説しています。BottleはPythonのWebフレームワークの一つで、シンプルで軽量なのが特徴です。テンプレートを使うとプログラムとHTMLの部分を整理して記述することができます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

PythonでBottleフレームワークのテンプレートを利用する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonでBottleフレームワークのテンプレートを利用する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Bottleフレームワークとは

BottleはPythonのWebフレームワークの一つです。2009年にドイツのエンジニアMarcel Hellkampによって開発されMITライセンスのソースになっています。

ドキュメントはPDFでたった105ページで学習コストが非常に低いです(ちなみにFlaskは360ページほどで、Djangoに関しては2000ページほどあります)。ソースコードは単一のファイルとして配布され、依存関係もPythonの標準ライブラリだけなので、環境構築でつまずくことが少ないです。

Webアプリを動かすために必要な最低限の機能だけが提供されているので、Pythonで簡単にWebアプリを作りたいときにおすすめのフレームワークです。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

環境構築手順

Bottleはpipコマンドだけでインストールができます。

通常Webアプリを開発するときには依存関係があるので、仮想環境を構築しますが、bottleは標準モジュールしか依存関係がないので、お使いのPython環境にそのままインストールしても大丈夫です。

pip install bottle

環境構築はたったこれだけです。ここから実際にアプリケーションを動かしてみましょう。

テンプレートを使ってみよう

それでは、実際にサンプルのアプリケーションを動かしてみましょう。

通常フレームワークを使ってWebアプリケーションを動かす際にはテンプレートを使用します。テンプレートを使うことでHTMLを分けて整理できますし、値を動的に出力させることができます。もちろんこのbottleにもtemplateモジュールを使ってテンプレートを使うことができます。

今回は試しにテンプレートエンジンを使ったサンプルコードを実行してみます。実際にはHTMLと組み合わせますが、今回は公式のチュートリアルにも紹介されている1行の文字列を出力するコードを取り上げます。

from bottle import Bottle, run, template

app = Bottle()

@app.route('/hello/<name>')

def hello(name="Stranger"):

    return template("Hello, {{ name }}.  How are you?", name=name)

if __name__ == "__main__":

    run(app, host='localhost', port=8080)

以下の1行を実行し、アプリケーションを実行したらブラウザlocalhost:8080/hello/everyoneと入力すると、ブラウザの左上にHello, everyone. How are you?と出力されます。

python app.py

また、アドレスの中の「everyone」の箇所をお好きな文字列を変更すると、文字列に応じて出力が変化します(何も入力が無いと、Strangerと出力されます)。

まとめ

今回はbottleを使ったWebアプリケーションについて紹介しました。

テンプレートを使うことで動的なWebアプリケーションを作ることも出来るので、初心者だけどPythonでWebアプリケーションを作ってみたい方はまずはbottleを使ってWebアプリケーションを開発してみることをおすすめします。

シンプルなフレームワークですが、データベースの接続や大規模なアプリケーションを開発するときには、別途拡張モジュールのインストールを行う必要があります。大規模なアプリを開発を行う際には必要な機能が全部入ったDjangoなどで開発するといいでしょう。

監修してくれたメンター

メンター三浦

モバイルゲームを運用している会社のエンジニアをしています。趣味でWEB開発やクラウドコンピューティングもやっており、ソフトもハードもなんでもやります。

TechAcademyジュニアではPythonロボティクスコースを担当しています。好きな言語はPython, Node.js。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。