Javaのcontinue文の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのcontinue文の使い方について解説しています。continue文を使うと、繰り返し処理の途中で残りの処理をスキップして先頭に戻すことができます。基本の書き方やbreak文との違いを覚えましょう。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

Javaのcontinue文の使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

continue文の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

1時間でできる無料体験!

 

continue文とは

continue文とは、for文やwhile文などの繰り返し処理の途中で残りの処理をスキップして繰り返しの先頭に戻る際に使います。

スキップするとは、例えばfor文で中の処理を4回繰り返すとき、1回目の処理の途中でcontinue文を通過した場合、残りの処理を飛ばして2回目の処理を開始するというものです。

 

[PR] Javaプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

continue文の使い方

continue文は以下の記述で使うことが可能です。

 

continue;

 

繰り返し処理の途中で記述することで、後続処理をスキップすることができます。

 

for文をcontinue文でスキップする方法

continue文は、for文やwhile文の中で使用する際に、if文と組み合わせて記述されるパターンが多いといえるでしょう。

for文の中でif文を、if文の中にcontinue文を書きます。

下記のように記述しましょう。

for (int i = 0; i < 4; i++) {
  if (i == 2) {
    continue;
  }
  System.out.println(i);
}

 

例で示したプログラムを実行すると実行結果は「0 1 3」と表示されます。

2が表示されないのは「i == 2」の条件が成り立つときにcontinue文を通過するためです。

後続処理である「System.out.println(i);」をスキップし、繰り返し処理の先頭に戻るため例文のプログラムでは「2」が表示されませんでした。

 

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料相談 に参加してみませんか?

現役エンジニア・デザイナーに何でも気軽に相談できる30分すべて無料で できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら相談した方限定の割引・参加特典付き! 無料相談はこちら

continue文とbreak文の違い

continue文と似たものとしてbreak文があります。

break文は後続処理を飛ばして、繰り返し処理から抜るタイミングで使用します。

先頭行に戻るのか繰り返し処理自体から抜けるのかは大きく処理内容が変わるのでその時に相応しい方を使うようにしましょう。

 

実際に書いてみよう

では、実際にcontinue文を使ってみましょう。

 

プログラムソースコード

public class Main {
  public static void main(String[] args) {

    System.out.println("=== 開始 ===");
    for (int i = 0; i < 10; i++) {
      if (i % 2 == 1) {
        continue;
      }
      System.out.println(i + "は偶数です!");
    }
    System.out.println("=== 終了 ===");
  }
}

 

実行結果

=== 開始 ===
0は偶数です!
2は偶数です!
4は偶数です!
6は偶数です!
8は偶数です!
=== 終了 ===

 

1時間でできる無料体験!

執筆してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。

TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

Javaのcontinue文の使い方がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、参加してみてください。

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する