JavaのLongクラスのvalueOfメソッドについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのLongクラスのvalueOfメソッドについて解説しています。LongクラスのvalueOfメソッドを使うとlong型の変数か値、String型の変数か値からLongクラスを生成することができます。valueOfメソッドの書き方と処理の流れを確認しましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaのLongクラスのvalueOfメソッドについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

LongクラスのvalueOfメソッドについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Longクラスとは

まずは、Longクラスについて簡単に説明します。Javaには変数の種類が2つあり、「プリミティブ型」と「クラス型」です。これらの違いは、簡単に言ってしまえば、「値を保持しているか、クラスを保持しているか」にあります。

「プリミティブ型」というのは、値だけを保持しているデータ型のことです。よく使うint型やchar型、またlong型などがあります。これらのデータ型は、それぞれがそれぞれの値を持っています。

一方、「クラス型」というのは、値ではなく、クラスを保持しています。よく使うものとしては、Integerクラス、Stringクラスなどが挙げられます。これらのデータ型はクラスを保持しており便利なメソッドが用意されているので、処理が楽になることが多くあります。

この記事で紹介するLongクラスも「クラス型」の1つです。32ビットの整数値を保持することのできる「プリミティブ型」変数であるlong型を拡張したもので、long型にはないメソッドが用意されています。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

valueOfメソッドとは

valueOfメソッドはLongクラスのメソッドの1つです。valueOfメソッドを用いることで、long型の変数か値、もしくは、String型の変数か値からLongクラスを生成することのできるメソッドです。

 

valueOfメソッドの使い方

valueOfメソッドの実際の使い方は、

Long.valueOf(long型もしくはString型の値);

となります。

返ってくる値は引数に入れた値から生成したLongクラスオブジェクトです。

Long Longオブジェクト名 = Long.valueOf(long型もしくはString型の値);

とすれば、Longクラス変数を定義したことになります。

 

実際に書いてみよう

それでは、実際にコードを書いて実行してみることで、valueOfメソッドの振る舞いを確認してみましょう。

public class LongValueOfSample{
        public static void main(String[] args){

              //生成に使うlong型変数を生成 
              long ln = 567;

              //生成に使うString型変数を生成
              String str = "567";

              //long型からLongクラスオブジェクトを生成 
              Long long1 = Long.valueOf(ln);

              //文字列からLongクラスオブジェクトを生成 
              Long long2 = Long.valueOf(str);

              //表示して確認 
              System.out.println(long1); 
              System.out.println(long2); 

       }
}

これを実行すると、

567
567

となって、Longクラスオブジェクトがlong型からもString型からも生成できたことが確認できました。

値を変えてみてさらに確認してみてください。

 

まとめ

この記事では、Javaにおけるクラス型変数の1つであるLongクラスについて、valueOfメソッドを使ったオブジェクトの生成方法について説明しました。

今回紹介した方法は、他のクラス型変数にも応用できるので、覚えておくと役に立つと思います。

 

監修してくれたメンター

小倉翔悟 (おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。プログラミング歴は約3年。Pythonは割と好きな方。JavaもAndroid開発で触れていたりする。

大学では物理学を勉強中。好きな物理理論は一般相対性理論らしい。

意外と動物が好きだったり、、、。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。