JavaのMathクラスの使い方について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのMathクラスについて解説しています。Mathクラスは数学に関するメソッドが複数実装されているクラスです。主なメソッドとそれぞれの役割を学習しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaのMathクラスの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Mathクラスについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Mathクラスとは

Mathクラスとは、数値処理を実行するためのメソッドがまとめられたクラスです。

Mathクラスはjava.langパッケージにあるクラスであるため、インポートしなくても使うことができます。

例えば、以下のような関数で使用できます。

  • 指数関数
  • 対数関数
  • 平方根
  • 三角関数

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

Mathクラスの主要関数の使い方

Mathクラスには、数値処理のためのメソッドが複数実装されています。

ここでは主要な関数の使い方についてみていきましょう。

 

絶対値を求めるメソッド

絶対値を求めるためのメソッドとして、準備されているのはabsメソッドです。

absメソッドは以下のように使用します。

絶対値 = Math.abs(対象の数値);

引数の型はint型, double型, float型, long型の数値を1つ入れることができ、戻り値はそれぞれの引数の型と同じ型で戻ってきます。

 

大小を求めるメソッド

値の大小を求めるためのメソッドとして準備されているのがmaxメソッドとminメソッドです。

数値を比較してより大きい値を求める時にはmaxメソッド、より小さい値を求める時はminメソッドを使いましょう。

maxメソッドおよびminメソッドは以下のように使用します。

大きい値 = Math.max(比較する値, 比較する別の値);
小さい値 = Math.min(比較する値, 比較する別の値);

引数の型はint型, double型, float型, long型から数値を1つ入れることが可能です。

戻り値はそれぞれの引数の型と同じ型で戻ってきます。

 

切り上げや切り下げ、四捨五入するメソッド

切り上げや切り下げ、四捨五入するためのメソッドとして準備されているのがceilメソッド, floorメソッド, roundメソッドです。

数値を切り上げる時はceilメソッド、切り下げる時はfloorメソッド、 四捨五入する時はroundメソッドを使います。

ceilメソッド, floorメソッド, roundメソッドは以下のように使用します。

切り上げた値 = Math.ceil(対象の数値);
切り下げた値 = Math.floor(対象の数値);
四捨五入した値 = Math.round(対象の数値);

引数の型は double型の数値を1つ入れることができ、戻り値はdouble型で戻ってきます。

 

累乗を求めるメソッド

値を累乗するためのメソッドとして準備されているのがpowメソッドです。

powメソッドは以下のように記述しましょう。

累乗の値 = Math.pow(底, 指数);

引数の型は double型の数値を1つ入れることができ、戻り値はdouble型で戻ってきます。

 

平方根や立方根を求めるメソッド

平方根や立方根を求めるためのメソッドとして準備されているのがsqrtメソッドとcbrtメソッドです。

平方根を求めるのがsqrtメソッド、立方根を求めるのがcbrtメソッドを使います。

squrメソッドとcbrtメソッドは以下のように記述しましょう。

平方根 = Math.sqrt(対象となる数値);
立方根 = Math.cbrt(対象となる数値);

引数の型は double型の数値を1つ入れることができ、戻り値はdouble型で戻ってきます。

 

実際に書いてみよう

実際にJavaのMathクラスのメソッドを実際に書いてみましょう

プログラムソースコード

public class SampleClass {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.println(Math.abs(-10));
    System.out.println(Math.max(10, 14));

    System.out.println(Math.min(12, 7));

    System.out.println(Math.ceil(12.5));
    System.out.println(Math.floor(12.5));
    System.out.println(Math.round(12.5));

    System.out.println(Math.pow(3, 4));

    System.out.println(Math.sqrt(4.0));
    System.out.println(Math.cbrt(8.0));
  }
}

 

実行結果

10
14
7
13.0
12.0
13
81.0
2.0
2.0

 

まとめ

この記事ではJavaのMathクラスの使い方について解説しました。

Mathクラスのメソッドを使い分けていきましょう。

 

執筆してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。

TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

JavaのMathクラスの使い方がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。