JavaのFileクラスのdeleteOnExitメソッドについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのFileクラスのdeleteOnExitメソッドについて解説しています。deleteOnExitメソッドは一時ファイルをプログラム終了時に削除する際に使用されます。deleteOnExitメソッドの使い方の例をサンプルコードで見てみましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaのFileクラスのdeleteOnExitメソッドについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

FileクラスのdeleteOnExitメソッドについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Fileクラスについて

まずは、ファイル操作の基本となるFileクラスについて簡単に説明します。

Fileクラスというのは、Javaにおいてローカルディレクトリに存在するファイルやディレクトリについての多様な操作を実現するためのクラスです。ファイル操作というのは、ファイルやディレクトリの作成・削除、編集、などのことであり、Fileクラスにはファイル操作のためのさまざまなメソッドが用意されています

基本的な考え方としては、1つのファイルもしくはディレクトリと1つのFileクラスを対応させ、Fileクラスの持つメソッドを使うことにより操作を実現します。

Fileクラスの宣言を行なうときは、

File Fileオブジェクト = new File("ファイルのパス");

と記述します。

 

[PR] Javaプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

deleteOnExitメソッドとは

deleteOnExitメソッドはFileクラスに付属するメソッドの1つです。冒頭に紹介した通り、deleteOnExitメソッドを使うことによって、Javaプログラム内で使用したりする一時ファイルを削除することができます。

このメソッドの特徴は、ファイルが削除されるタイミングはがメソッドが実行されたときではなく、Javaプログラムが終了するときである、という点です。

実行とともにファイルを削除することのできるメソッドは、deleteメソッドなので、2つのメソッドの違いをきちんと把握しておきましょう。

 

deleteOnExitメソッドの使い方

delteOnExitメソッドの記述の仕方は、

Fileクラスオブジェクト.deleteOnExit();

です。

引数には何も渡す必要がありません。

 

実際に書いてみよう

それでは実際にdeleteOnExitを使用するプログラムを書いて、使い方を確認してみましょう。

import java.io.File;
import java.io.IOException;
public class DeleteOnExitSample{ 
        public static void main(String args[]){

               // 一時ファイルのパスを引数としてFileオブジェクトを作成 
               File file = new File("temp.txt");

               //deleteOnExitメソッドを実行しておく 
               file.deleteOnExit();

               try{ 
                      // 一時ファイルを作成 
                      file.createNewFile();

                     //10秒待って、プログラムを終了 
                      Thread.sleep(10000); 
               } catch (InterruptedException | IOException e){ 
                      e.printStackTrace(); 
               } 
        }
}

このプログラムを実行すると、temp.txtファイルが作成されて、約10秒経ったらファイルが削除される様になっています。実際にディレクトリを開きながらプログラムを実行すると、ファイルが作成されて削除されるのが確認できます。

ポイントは、deleteOnExitメソッドをファイルを作成する前に実行しているにも関わらず、その次のcreateNewFileメソッドでファイルが作成されている、という点です。

10秒後にファイルが削除されるのは、deleteOnExitメソッドがプログラムの終了間際にファイルを削除するメソッドだからです。

 

まとめ

この記事では、Javaにおけるファイル操作で一時ファイルをプログラムの終了間際に削除する方法について解説しました。

一時ファイルを扱うときなどには非常に便利なメソッドであるので、ぜひ覚えておくと良いでしょう。

 

監修してくれたメンター

メンターOS

AIプログラミングを使って開発を行う。プログラミング歴は約3年。Pythonは割と好きな方。JavaもAndroid開発で触れていたりする。

大学では物理学を勉強中。好きな物理理論は一般相対性理論らしい。

意外と動物が好きだったり、、、。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。