Rubyでcallメソッドを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでcallメソッドを使う方法について現役エンジニアが解説しています。callメソッドとは、procオブジェクトやdo-endで囲んだブロックなどを呼び出すことが出来るメソッドになります。Rubyのcallメソッドの使用ケースや書き方などを解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyでcallメソッドを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyでcallメソッドを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

callメソッドとは

callメソッドとはyieldメソッドと同じような使われ方をします。

procメソッドにブロックを与えられたprocオブジェクトやdo~endで囲んだブロックなどを呼び出せるメソッドです。

callメソッドで呼ばれるまではそのオブジェクトは実行されないため、ブロックを実行するまでは処理されません。
 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

callメソッドを使うメリットと使われるケース

callメソッドを使うことによって、処理のかたまりであるブロックを呼び出すことが可能になります。

つまり処理のみを別の行に記述しておくことが出来るため、後工程での修正や可読性も向上します。

また、呼ばれるメソッドによって処理自体を変えたい場合には、複数の異なるブロックを用意しておくことで複雑な処理も可能です。

callメソッドで呼ばれるまでは実行がされないため、ブロックごと別のメソッドに引き渡せます。
 

callメソッドを使う方法

callメソッドは「&引数」とセットで使用します。

メソッドの引数名として受け取る場合には引数名の最初に”&”つけます。そのメソッド内で”引数名.call”として記述をします。
 

実際に書いてみよう

(test.rb)

def test1 (&block)
 str = ["A","B","C"]
 all_test(str,&block)
 end
 def test2 (&block)
 str = ["D","E","F"]
 all_test(str,&block)
 end
 def test3 (&block)
 str = ["G","H","I"]
 all_test(str,&block)
 end

def all_test (str,&block)
 puts str[0]
 puts str[1]
 puts block.call(str[2])

end

test1{|str|puts str}
 test2{|str|str*5}
 test3{|str|str*5}

ターミナルでruby test.rbを実行すると以下のようになります。

A
B
C

D
E
FFFFF
G
H
IIIII

最初のtest1はall_testを呼び出す前にputsでメソッドの実行が終了しています。

test2とtest3は両方ともall_testを実行しており、callメソッドによりブロックを引き渡していることが分かります。

まとめ

上記の実行の値はtest1,test2,test3のそれぞれメソッドを呼びだして見ると返ってくる値が変わります。

ブロックごと引数として渡されていることが確認できます。
 

筆者プロフィール

木村勇土

TechAcademyの現役メンター。

現在は行政書士事務所を運営しており、お客様にはプログラマーやフリーランサーも多い。
WordPressを中心とした自社のWebサイトの修正などを行なっている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。