UnityでMaterialを追加して色を変更する方法【初心者向け】

Unityで【Material(マテリアル)】を追加して色を変更する方法を初心者向けに解説した記事です。ゲームオブジェクトの描画方法を決めるパラメータであるMaterialを使うと、色やテクスチャなどを設定することができます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

ゲームエンジンのUnityMaterial(マテリアル)を追加して色を変更する方法を初心者向けに解説した記事です。

Materialは、ゲームオブジェクトの描画方法を決めるパラメータです。ゲームオブジェクトの色やテクスチャなどを設定することができます。

今回はMaterialを設定し、ゲームオブジェクトに色を付けてみましょう。

 

なお、本記事はTechAcademyのUnity入門オンライン講座の内容をもとにしています。

 

20160620

 

田島メンター!!マテリアルというのは何ですか~?

 

20163020-2

 

マテリアルはオブジェクトの表面の質感を表すものだよ。Unityで扱う3Dオブジェクトなどに使うことによって表現を変えることができるんだ。

 

20160620

 

3Dの表面全部に貼り付けるんですか?何だか大変そうですね。

 

20163020-2

 

マテリアルは簡単な操作ですぐにオブジェクトに適用できるんだ。実際にやってみよう。

 

事前準備

まずは、Materialを適用する球(Sphere)を作成します。

画面上部のタブで、[GameObject]→[Create Other]→[Sphere]と選択します。
そして、[Inspector]タブの[Transform]で、[Position]の[X]、[Y]、[Z]の値を全て「0」にします。

001 002

 

次に、ライトを作成します。

画面上部の[GameObject]タブから、[Create Other]→[Directional Light]と選択します。

003 004

 

最後に、カメラの位置を調節します。

[Hierarchy]タブで「Main Camera」を選択し、[Inspector]タブの[Transform]で、[Position]の[Y]の値を「0」、[Z]の値を「-2」にします。

005

 

以上で準備完了です。

ゲーム画面の中央に、白色の「Sphere」が表示されるようになりました。

006

 

20163020-2

 

バージョンによっては、SphereはGameObject→3D Objectから選択することになるよ。

 

20160620

 

球体のようなものが表示されましたね。

 

20163020-2

 

それではこのオブジェクトにマテリアルを適用してみよう。まずはマテリアルの作成からだね。

 

 

Materialの設定

今、「Sphere」にはデフォルトのMaterialが適用されています。

新しく青色のMaterialを作成し、そちらに変更することにしましょう。

 

まずは、Materialを保存するフォルダを作ります。

[Project]タブで「Assets」を右クリックし、[Create]→[Folder]と選択します。そして、作成したフォルダの名前を「Material」にします。

007 007-2

 

続いて、Materialを作成します。

「Material」フォルダを右クリックし、[Create]→[Material]と選択します。

0083

 

「New Material」が作成されますので、名前を「Material_Blue」にしましょう。

そして、[Inspector]タブの[Main Color]に右側にある白い部分を選択します。

009

 

色の編集ウインドウが開きますので、画面下部の[R]の値を「0」、[G]の値を「0」にしてください。

010

 

最後に、作成した「Material_Blue」を[Hierarchy]タブの「Sphere」にドラッグ&ドロップすると、Materialを適用することができます。

011 012

「Sphere」の色が青に変わり、[Inspector]タブの[Mesh Renderer]で、[Materials]の[Element 0]が「Material_Blue」になりました。

 

Materialは[Inspector]タブ上でも設定可能です。

今度は赤色のMaterialを作成し、適用してみましょう。

先ほどと同様にMaterialを作成し、名前を「Material_Red」にします。そして、[Inspector]タブの[Main Color]で編集ウインドウを開き、画面下部の[G]の値を「0」、[B]の値を「0」にしてください。

013

 

次に、[Hierarchy]タブで「Sphere」を選択します。

そして、[Inspector]タブの[Mesh Renderer]で、[Materials]の[Element 0]の右側にある「◎」をクリックしてください。

014

 

Materialの選択画面が開きますので、「Material_Red」を選択します。

015

 

Materialが「Material_Red」に変更され、「Sphere」は赤色になりました。

016

今回の記事は以上です。

 

20163020-2

 

Materialの適用は最初にやったドラッグ&ドロップでも、上記のInspectorタブからの操作でもどちらでも可能だからね。

 

20160620

 

例えば今の状態で「Material_Red」の色を変更するとどうなりますか?

 

20163020-2

 

その場合変更した色がそのまま画面に反映されるよ。再度Inspectorタブで読み込んだりする必要もなくその場で適用されるんだ。

 

20160620

 

なるほど、了解です。ありがとうございました!

 

Unityをさらに使いこなしたい場合は、UnityでRigidbodyを追加する方法も合わせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyではオリジナルゲームアプリが公開できるUnityオンラインブートキャンプを開催しています。現役Unityエンジニアのサポートで効率的に学びたい場合はご検討ください。