Javaのインターフェースでフィールドを宣言する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのインターフェースでフィールドを宣言する方法について解説しています。最初にインターフェースの基本の書き方を説明します。次にインターフェースで定数を宣言する方法をサンプルを使用して解説していきましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Javaのインターフェースでフィールドを宣言する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

インターフェースでフィールドを宣言する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

インターフェースとは

インターフェースとは、定数と処理の内容を書かずメソッド名と戻り値の型、引数のみを設定しておくメソッドです。

また、後ほど処理内容を実装する抽象メソッド、静的なメソッドのみもつことができる特殊なクラスとなります。

インターフェースは抽象クラスを持つため、別のクラスにimplementsキーワードを使い、抽象クラスに実装して使用します。

インターフェースを実装したクラスでは、インターフェースに書かれている抽象クラスの実装を書く必要があります。

 

[PR] Javaプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

インターフェースの基本的な書き方

インターフェースの基本的な書き方は以下のように記述しましょう。

interface インターフェース名 {
  public abstract 戻り値の型 抽象メソッド名(引数の型 引数名);
}

抽象メソッドはabstractキーワードをつけることで表せます。

戻り値の型と引数、抽象クラス名のみを記述し、抽象メソッドの具体的な処理は不要です。

抽象メソッドは単独で使うことはなく、抽象クラスは実装された別のクラスに抽象クラスの処理をオーバーライドして使用します。

実装の記述方法は以下のようになります。

class クラス名 implements インターフェース {
  @Override
  pulibc 戻り値の型 抽象メソッド(引数の型 引数名) {
    処理;
  }
}

一つのクラスにインターフェースを複数実装することができるものの、全ての抽象クラスをオーバーライドしなければなりません。

 

インターフェースでフィールドを宣言する方法

インターフェースには、抽象メソッドを記述することができるものの、通常のメソッドは記述できません。

また、privateのフィールド変数を宣言することはできないものの、定数は記述可能です。

定数は以下のよう記述します。

interface インターフェース名 {
  public static final 型 定数名;
}

定数は別のクラスで以下のように使用しましょう。

インターフェース名.定数名

通常インターフェースは定数のみではなく、必ず抽象クラスを一つは記述します。

 

実際に書いてみよう

実際にインターフェースで定数を宣言してみましょう。

ソースコード

public class MainClass {
  public static void main(String[] args) {
    SampleClass sample = new SampleClass();
    int price = 2000;
    int taxIncludedPrice = price + sample.tax(price);
    System.out.println(price + "円の税込価格は" + taxIncludedPrice + "円です");
  }
}

class SampleClass implements TestInterface{
  @Override public int tax(int price) {
    int tax = (int)(price * TestInterface.taxRate);
    return tax;
  }
}

interface TestInterface {
  public static final double taxRate = 0.1;
  public abstract int tax(int price);
}

 

実行結果

2000円の税込価格は2200円です

 

インテーフェースであるtestInterfaceには一つの抽象メソッドと定数を一つ定義しました。

そのインターフェースをSampleClassが実装して、抽象クラスの処理を記述しています。

MainClassではSampleClassを使って処理が記述された抽象メソッドを使って税込価格を求めました。

 

まとめ

この記事ではJavaのインターフェースでフィールドを宣言する方法について解説しました。

 

執筆してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。

TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

Javaのインターフェースでフィールドを宣言する方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。