PHPのexecute関数の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPのexecute関数の使い方について現役エンジニアが解説しています。execute関数とは、PHPでデータベースを操作する際に使用するPDOクラスの関数です。PHPのPDOクラスのexecute関数を使ってデータベースを操作する方法について解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

今回は、PHPのexecute関数の使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPのexecute関数の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

この記事ではPHPのexecute関数の使い方について解説します。

目次

 

execute関数とは

execute関数とは、PHPの標準関数でプリペアドステートメントを実行する際に使われる関数です。

プリペアドステートメントは、SQL文で値が変わる可能性がある箇所に対して、変数のように別の文字列を入れておき、後で置き換える仕組みです。

SQLインジェクションの対策としても使われています。

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

execute関数の使い方

execute関数は以下のように記述しましょう。

$変数= new PDO(データベース接続情報, ユーザーID, パスワード);
$ステートメント= $変数->prepare(SQL文);
$変数->execute();

execute関数を使う前にPDOオブジェクトを作成してデータベースへの接続、プリペアドステートメントのSQLをprepare関数を使って設定しておきます。

設定できた上でexecute関数を使うことでSQL文を実行可能です。

 

実際に書いてみよう

ソースコード

<?php
$dsn = 'mysql:host=localhost;dbname=データベース名';
$user = 'ID';
$password = 'パスワード名';

try{
  $dbh = new PDO($dsn, $user, $password);

  $sql = 'select id, name, age from person where id = :id';
  $stmt = $dbh->prepare($sql);
  $stmt->bindValue(':id', 1);
  $stmt->execute();

  while($result = $stmt->fetch(PDO::FETCH_ASSOC)){
    print("IDは" . $result['id'] . "です。<br/>");
    print("NAMEは" . $result['name']. 'です。<br>');
    print("AGEは" . $result['age']. 'です。<br>');
  }

  $sql = 'select id, name, age from person where name = :name';
  $stmt = $dbh->prepare($sql);
  $stmt->bindValue(':name', '花子');

  $stmt->execute();

  while($result = $stmt->fetch(PDO::FETCH_ASSOC)){
    print("IDは" . $result['id'] . "です。<br/>");
    print("NAMEは" . $result['name']. 'です。<br>');
    print("AGEは" . $result['age']. 'です。<br>');
  }
}catch (PDOException $e){
}

$dbh = null;

 

実行結果

IDは1です。
NAMEは太郎です。
AGEは30です。
IDは3です。
NAMEは花子です。
AGEは24です。

今回は以下のpersonテーブルからデータを取得しました

 id name age
 1  太郎  30
 2 一郎 34
 3 花子 24

最初のSQLではプリペアドステートメントを使いidが1のデータを取得します。

次のSQLではプリペアドステートメントを使いnameが花子のデータを取得します。

execute関数を使うことによりデータベースからデータを取得することができました。

 

まとめ

この記事ではPHPのexecute関数の使い方について解説しました。

 

執筆してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。

TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

PHPのexecute関数の使い方がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんもこれからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。