Pythonにおけるif文の論理演算子notの利用方法について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonにおけるif文の論理演算子notの利用方法について解説しています。論理演算子notは真偽値を持つ式においてTrueとFalseの反転を行うものです。if文とnot演算子を組み合わせた条件式の書き方を覚えましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonにおけるif文の論理演算子notの利用方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

if文の論理演算子notの利用方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

目次

 

if文とは

まずは、if文について簡単に復習しておきましょう。if文は「条件分岐」があるときに用いる文で、

if 条件式:
    処理内容

と記述すれば、条件式がTrueのときだけ記述した処理を行なうようにすることができます。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

論理演算子notとは

論理演算子notは、真偽値(TrueかFalse)を持つ式に用いることのできる演算子で、TrueとFalseの反転を行ないます。

例えば、

a = 10

という変数aがあるとき、

a == 10

はTrueとなりますが、

not a == 10

とすると、反転してFalseとなります。

 

if notの使い方

Pythonでは、if文とnot演算子を組み合わせることで、条件式が成り立たない場合のみに処理を行なう事ができます。

そのためには、if文のあとにnotをおいて、

if not 条件式:
    処理内容

とすることで実現できます。

 

if notを利用して条件式を組み立てて真偽を判断してみよう

実際に、if notを利用したコードを記述することで、使い方について確認してみましょう。サンプルコードでは、数値が偶数か奇数か判定して結果を出力する処理を行ないます。

# 数値を用意
>>> num = 10
# if not で判定
>>> if not num % 2 == 0:
... print("numは奇数です。")
... else:
... print("numは偶数です。")
...
出力:numは偶数です。

 

まとめ

この記事では、Pythonで条件分岐を行うためのif文とTrueとFalseを反転させるnot演算子を組み合わせた使い方について解説しました。

非常に便利な使い方なので覚えておくと役に立ちます。

 

監修してくれたメンター

小倉翔悟 (おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。プログラミング歴は約3年。Pythonは割と好きな方。JavaもAndroid開発で触れていたりする。

大学では物理学を勉強中。好きな物理理論は一般相対性理論らしい。

意外と動物が好きだったり、、、。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。