Rubyのclassでconstを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのclassでconstを使う方法について現役エンジニアが解説しています。constとは定数のことで、アルファベットの大文字で書くことで定数だと認識します。Rubyの定数の書き方や使い方、Rubyのclassでconstを使う方法や書き方について解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyのclassでconstを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyのclassでconstを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

constとは

Rubyでは、アルファベットの大文字から始まる識別子を持つものを、定数と呼びます。

定数を一度定義した後は、内容が変更できなくなります。プログラム上で、途中で変更しない決まった値を扱う場合に定数を用います。

constというのは、定数の事を表しています。定数を英語でいうと、constant(コンスタント)になります。

プログラミングする上では、略称してconstとしてよく使用されています。呼び方は、「コンスト」と読みます。

英語の略称ですが、日本でも「コンスト」と呼ばれるので「コンスト」と聞いたら「定数」のことだと思ってください。
 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

classでconstを使う方法

class内でconstを書く方法としては、以下の通りになります。

class クラス名 
  定数名 = 値
end

Rubyでは、アルファベットの大文字で書かれているものを、定数と認識しますので定数を使うときは、必ず、アルファベットの大文字で定数を定義してください。

定数は、メソッドの中に書くことはできないので、注意してください。
 

実際に書いてみよう

では、class内にconstを定義して、使用していきます。
 

サンプルコード

class Apple
    COLOR = 'red'
end

class Orange
    COLOR = 'orange'
end

p Apple::COLOR
p Orange::COLOR

 

実行結果

"red"
"orange"

上記の例では、AppleクラスとOrangeクラスの色をconstで定義して外部から呼び出しました。

class内に書いた定数を外部から呼び出すときは、「クラス名::クラスの定数名」で呼び出すことができます。
 

まとめ

今回は、classでconstを使う方法について、解説しました。

定数と変数を使い分けることで、プログラムが読みやすくなります。何よりも、定数を最初に定義してからは値を変更できないので、不要なエラーを減らすことにもつながります。
 

筆者プロフィール

土井友裕(どいともひろ)

社内エンジニアとして、活動をしています。

扱えるプログラミング言語は、Python、Ruby、Dart(Flutter)、C# 、Java…他 など幅広く経験しております。開発実績としては、大手医療機器メーカーのWEBシステムの開発に従事しておりました。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプRuby講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。