Pythonの__call__メソッドについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonの__call__メソッドについて現役エンジニアが解説しています。__call__メソッドとは、Pythonのクラスが持っている特殊メソッドの1つで、インスタンスを関数のように呼び出すことができます。__call__メソッドの書き方や使い方について説明します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonの__call__メソッドについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonの__call__メソッドについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 
この記事では、Pythonのクラスの持つメソッドである__call__メソッドの基本的な使い方について説明していきます。
 

目次

 

__call__とは

「__call__メソッド」は、Pythonにおいてクラスが持っている「特殊メソッド」の1つです。

そもそも「特殊メソッド」というのはクラスのインスタンスの振る舞いを調整するために用意されているメソッドのことです。

有名な「特殊メソッド」として挙げられるのは、インスタンス生成時に呼び出され、インスタンスの初期化を行う「__init__メソッド」があります。

「特殊メソッド」はクラスを定義するときに用意することができます。

「__call__メソッド」というのは、インスタンスそのものを関数のように呼び出すことを実現するための「特殊メソッド」になります。

例えば、Humanクラスを用いて、Satoshiインスタンスを生成したとしましょう。

Satoshi = Human('Satoshi')

このときに、インスタンス名をそのまま関数のように使って、

Satoshi()

としたときの処理を決定するのが「__call__メソッド」の役割です。

「__call__メソッド」を定義するには、クラスの定義文の中で、

def __call__(self, 引数)
    処理内容

と記述します。
 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

クラスとインスタンス

「__call__」メソッドの使い方について説明したところで、クラスとインスタンスについて軽く説明しておきます。

簡単に言うと、クラスというのは設計図のようなもので、クラスを具体化したものがインスタンスです。
例えば、クラスは「人間」で、インスタンスは「太郎」とか「次郎」などの個人のことを意味していると想像してみるといいです。

「人間」という1つの概念があって、それを個性化したものが「個人」です。人間自体はただの概念としてのみ存在していますが、個人は実体を持って存在しています。

クラスとインスタンスの関係はこれと似たようなもので、「クラス」という抽象的な概念があって、個性化したものが「インスタンス」です。クラスも「人間」という概念と同様に、概念としてのみ存在しているので、使うには「インスタンス」として実体化する必要があります。
 

__call__メソッドを利用してみよう

それでは、実際に__call__メソッドを実装して使ってみましょう。

以下のサンプルコードでは、Humanクラスに__call__メソッドを実装し、インスタンスにつけた名前を出力するようにしています。

# Humanクラスの定義
class Human:
    # コンストラクタの定義
    def __init__(self, name):
        self.name = name
    # __call__メソッドの定義
    def __call__(self):
        print('My name is ' + self.name + '.') # 自分の名前を出力する

Satoshi = Human('Satoshi') #インスタンスの生成
Satoshi() # __call__メソッドの使用

このコードを実行すると

My name is Satoshi.

と出力されて、__call__メソッドに記述されている処理が、インスタンス名を関数のようにして呼び出すことで実行されたことがわかります。
 

まとめ

この記事では__call__メソッドの使い方について説明しました。

__call__メソッドをうまく使えば、クラスの状態(クラス変数)やインスタンスの状態(インスタンス変数)などの取得などができ、クラスやインスタンスの状態を管理しやすくすることができます。

ぜひ使ってみてください。
 

監修してくれたメンター

小倉翔悟(おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。

プログラミング歴は約3年でPythonは割と得意。好きな物理理論は一般相対性理論で動物も好き。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。