MySQLでCOUNTを使ってレコード件数を取得する方法【初心者向け】

MySQLで【COUNT】を使ってレコード件数を取得する方法を初心者向けに解説した記事です。COUNTはSELECT文で指定した、レコードの行数を取得することができます。フィールドをどのように選択するか説明します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

MySQLの初心者向けに、基本的な使い方を解説する記事です。

今回は、COUNTを使ってレコード件数を取得する方法を紹介します。

なお本記事は、MySQLを扱うTechAcademyのPHPオンライン講座の内容をもとにしています。

 

今回の記事の内容は動画でもご覧いただけます。
テキストよりも動画の方が理解しやすいという場合はぜひご覧ください。

 

大石ゆかり

田島メンター!ページ数ってデータ件数を表示したい件数で割ったものですよね?

田島悠介

その通り!

大石ゆかり

データ件数を取得できるSQLってありますか?

田島悠介

それが今回紹介すCOUNT関数なんだ!さっそく見てみよう!

 

COUNTを使ってレコード件数を取得する方法

countの構文を使えば、selectで指定したレコードの行数を取得することができます。

 

select count(フィールド名) from テーブル名;

 

実際にやりながら見ていきましょう。今回はこのようなデータの入ったuser というテーブルを使います。

スクリーンショット 2015-01-19 17.02.50

 

まずはidのレコード件数を取得してみます。

select count(id) from user;

select count (id) from user;

5と出ました。このように、レコードが何行あるかの数値を取得できました。

 

今回はidのフィールドを指定しましたが、usernameやorganization_idなど、ほかのフィールドを指定してももちろん構いません。もちろん、*(すべて)で指定しても結果は変わりません。

select count(*) from user;

select count(*) from user;

今回のテーブルでは同じく5とでました。

 

おわりに

きちんと半角で打っているかや、空欄の位置などに気をつけながら活用してみてください。

MySQLの基礎をさらに勉強したい場合は、MySQLのSUMを使って指定フィールドの合計値を計算する方法も合わせてご覧ください。

 

大石ゆかり

COUNTでデータ件数が返ってきました!

田島悠介

いいね!

大石ゆかり

これで、データ件数を表示したい件数で割ることが出来ます。

田島悠介

カテゴリー(20)とか、カテゴリーとその件数を表示したい場合は、SQLをたくさん発行してしまうことになるので、どこかのテーブルにメモして取っておきたいね。

 

MySQLを勉強していて、
・もっと効率的に勉強したい
・誰かに聞きながら学びたい
・自分でWebサービスを作りたい
と思ったことはないでしょうか?

そんな方のために、TechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

独学に限界を感じている場合はご検討ください。