Ruby on Rails入門に最適のチュートリアルサイト10選

独学に最適なRuby on Railsが勉強できる初心者の方におすすめの「チュートリアルサイト」を紹介した記事です。動画で学べるサイトや実際にWebサービスがリリースされるサイトなどRuby on Railsの学習に活用できるはずです。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

プログラミングをこれから勉強しようという初心者でも、Ruby on Railsから勉強したいという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、Ruby on Railsの入門に最適なチュートリアルサイトをピックアップしてみました。できるだけ初心者でもわかりやすいサイトだけを選び、翻訳したサイトもありますが、全て日本語で読むことができます。

この記事を参考に勉強を始めてみてください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

1. Progate

スクリーンショット 2016-03-31 14.38.01

入門者向けの代表的なサービスですね。初級、中級、上級と3段階でRailsを学習できるのでどのレベルの人でもおすすめです。このサービスの特徴でもありますが、サイト上でコードを書きながら学習できるのでRailsの概念を理解するだけでなく書き方もしっかり身につくはずです。

Ruby on Rails初級編

 

2.Ruby on Rails入門(RubyLife)

rubylife

RubyLifeというサイト内にあるRuby on Railsのチュートリアルです。

Railsのインストール方法からアプリケーションの実行やパッケージ管理、設計の基本までしっかりと学べます。記事のボリュームも十分にあり、中級者へステップアップにも活用できそうです。

なお、解説はWindowsのPCのキャプチャが使われていました。

Ruby on Rails入門

 

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

3.小学生でもわかるRuby on Rails入門(OpenBook)

小学生でもわかるRuby on Rails入門

電子書籍の共同編集プラットフォーム「OpenBook」内にあるチュートリアルです。

実際にRuby on Railsを小学生に教えた体験を通して公開したそうです。タイトル通り、子供でもわかるように説明されていて、順番に進めていくと簡単なWebアプリが公開できます。

いったんサービスを作ってみたい方におすすめです。

小学生でもわかるRuby on Rails入門

 

4. ミニツク

スクリーンショット 2016-03-31 18.05.59

テキスト・動画・ドリル・演習でRuby on Railsの入門から学ぶことが可能です。

Rubyの学習がメインとなっていますが、覚えるだけでなく課題をこなして理解度を深められ、進むにつれて難易度も上がっていくのでどんどんレベルアップする感覚を感じられるでしょう。

ミニツク

 

5.開発現場でちゃんと使えるRails入門(@IT)

開発現場でちゃんと使えるRails入門

@ITで公開されている、株式会社アジャイルウェアが執筆した連載記事です。そもそも、Ruby on Railsとは何なのかといった基礎から解説されています。

実際の操作方法については、インストールからはじまって、実際にRailsを動作して、リリースするにふさわしいサービスを作り上げるところまでの説明があるのも初心者にとっては便利です。

開発現場でちゃんと使えるRails入門

 

 

6.Ruby on Rails入門(ドットインストール)

ドットインストール

プログラミング学習サービスの定番中の定番といっていいほどのドットインストールにあるRuby on Railsのチュートリアルです。

全28回の動画を通してRailsの基礎を学べます。Ruby on Railsとはなにかというところから、tasksの使い方まで、詳細に学ぶことが可能です。

ドットインストールでは他にも、Ruby入門があるので、合わせて学習することをおすすめします。

Ruby on Rails入門

 

7. シラバス

スクリーンショット 2016-03-31 17.57.52

すでにあるサービスを真似して作ってみるというサービスです。プログラミングの文法から勉強し始めて挫折経験のある人にはおすすめのサービスでしょう。実際にTwitterや2ちゃんねるなど有名なサービスと同じ機能を持ったサービスを開発していきます。

形にしながら学習したいという人には最適な学習法だと思います。

シラバス

 

8.Ruby on Railsチュートリアル:実例を使ってRailsを学ぼう

Ruby on Rails チュートリアル

マイケルハートル氏が書いたRuby on Railsのチュートリアルを翻訳したサイトです。1章から11章まであり、読み進めていくとRailsの基礎を学ぶことができます。

Hello Worldから始まり、フォロワーの通知の機能まで、ボリュームが多いチュートリアルです。

ただ、翻訳になっているため、初心者だと少し難しい表現があるかもしれません。

Ruby on Railsチュートリアル

 

 

9.Rails Guides

Rails Guides

海外のリファレンスガイドRuby on Rails Guidesを翻訳したサイトです。これからRailsを学び始める場合は、先ほど紹介した「Ruby on Railsチュートリアル:実例を使ってRailsを学ぼう」を先に読むことが推奨されています。

インストールなどの基礎的な内容もカバーされていますが、生産性を向上する方法など、一歩進んだ現場で使えるノウハウが体系的に学べます。フレームワークの仕組みなども学ぶことができ、ただ動かすだけではない、より深い内容が理解できるでしょう。

Rails Guides

 

 

10.Ruby STUDIO

Ruby STUDIO

こちらもRuby on Rails GuidesのGuide Indexの内容を翻訳したものです。

基本からわかるインストールやセキュリティの設定方法などが学べます。先ほどのRails Guidesと合わせて読むと良いでしょう。

Ruby STUDIO

 

1つ目〜7つ目はもともと日本語のサイトのため、初心者にとってはわかりやすいかもしれません。

8つ目〜10つ目は翻訳されているため、最初は少し読むのが難しいかもしれませんが、一歩進んだ内容まで学ぶことができます。

 

ぜひご自身のレベルに合わせて活用してみてください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でRailsエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。RailsでWebサービスを開発したい方はご参加ください。