プログラミング学習の超定番!「ドットインストール」をやってみた

無料で使えるプログラミング学習サービスの「ドットインストール」を実際に使ってみた実践レポート。ドットインストールの特徴から基本的な使い方までわかる。他の無料プログラミング学習サービスも合わせて紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

TechAcademyマガジンでは、過去にプログラミングの独学に使えるオンライン学習サービスの実践レポートを公開してきました。

ドットインストールはその定番中の定番ですので特に紹介してきませんでしたが、改めて実践レポートを公開することにしました。

 

まだ使ったことがない方はぜひ試してみてください!

 

ドットインストールとは?

スクリーンショット 2016-03-15 12.57.23

 

ドットインストールは、動画でプログラミングを学べる初心者向けのプログラミング学習サービスです。

人気ブログの100SHIKIを運営していることでも有名な田口元氏が2011年11月にリリースしました。

海外をはじめ、国内でもプログラミングのオンライン学習サービスが立ち上がっていますが、ドットインストールは国内における火付け役とも言える存在です。

 

JavaScriptやPHPなど、言語や技術毎にカリキュラムが別れており、カリキュラムは1分〜3分程度の短い動画が10本〜30本程度のボリュームで構成されています。動画は無料で見ることができますが、一部の動画は月額980円(2016年4月~)のプレミアム会員になる必要があります。プレミアム会員では、動画文字起こしの閲覧やソースコードの閲覧ができるようになっており、フリーミアムのビジネスモデルと言えます。

2016年3月現在、265レッスン3,777本の無料動画が公開されています。

 

ドットインストールの特徴

ドットインストールには主に3つの特徴があります。

 

1.手軽に始められる

必要なものは、ブラウザとテキストエディタだけです。動画を見ながら進めていくので書籍なども不要です。開発環境の構築についても動画で解説されています。

プログラミングのオンライン学習サービスでも、ここまでたくさんの動画を用意しているところはありませんので、動画を見るだけという手軽さは群を抜いています。

 

2.実践的に学べる

文法などの知識やルールを詰め込むよりも、動くものをまず作ってみることに重点がおかれています。

習うよりも慣れろの感覚で、動画を見て手を動かしているうちにいつの間にかプログラミングが身につきそうです。

「JavaScriptでおみくじを作ろう」や「レスポンシブなウェブサイトを作ろう」など実際に動くものを作りながら学習できるので、楽しみながら進められるでしょう。

 

3.実用的に学べる

初心者向けのプログラミング学習サービスではありますが、プロでも愛用者が多いことで知られています。

プロのエンジニアが新しい言語や環境を覚えなければならない場合でも、入門から素早く特徴を掴むことができるため大変実用的だと評判です。

 

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に使ってみた

スクリーンショット 2016-03-15 12.37.09

 

今回は、プログラミング初心者でもすぐに始められるJavaScript入門のレッスンをやってみました。

まだドットインストールを使ったことがない方には、特徴をつかむにも良いカリキュラムだと思います。

 

動画は全24回ですが、一つ一つの動画がとても短いので、ちょっとした空き時間でも進められテンポよく学んでいくことができます。

プログラミングが初めての方でも、最初の章「#01 JavaScriptとはなにか?」で、JavaScriptの概要や準備すべきものなど最初の一歩目を示してくれます。

 

動画中に使用しているエディタや、プログラミングのソースコードなどの情報も、ページの補足情報に記載してありますので、動画の速度に追いつけないという心配も無用です。

このカリキュラムに沿って最後まで進める頃には、動的なウェブサイトが作れてしまいます。

 

 

学習を継続するための仕組み

スクリーンショット 2016-03-15 12.35.38

 

学ぶことが手軽でも、継続できなければプログラミングを身につけることはできません。

ドットインストールは、動画を見たら「完了」ボタンを押して次へ進めることができ、過去に受講したカリキュラムがひと目でわかる仕組みになっていて、達成感を得やすいです。

あわせて、いつ学習したかがわかる「学習カレンダー」や、他のユーザーが受講したカリキュラムや完了率も表示されていて、継続するモチベーションを保ちやすい工夫が随所に施されています。

 

今回の記事は以上です。

まだ使ったことがない方はぜひチャレンジしてみてください!

オンライン上でアプリを作ってみたい場合はCodePrep(コードプレップ)も使ってみてください。

[お知らせ]TechAcademyでは、現役エンジニアのサポートでプログラミングを学ぶオンラインブートキャンプを開催しています。独学よりも効率的に学びたい場合はご検討ください。

オンラインブートキャンプ