今さら聞けない!Ruby on Railsとは【初心者向け】

Webサービスを作りたいと思った人はRuby on Railsという言葉を一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。最近ではいろんなWeb系の企業が利用しているRuby on Railsですが、「Ruby on Rails」とは一体何者なのか解説していきたいと思います。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Webサービスを作りたいと思った人はRuby on Railsという言葉を一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

最近ではいろんなWeb系の企業が利用しているRuby on Railsですが、

「Ruby on Rails」とは一体何者なのか解説していきたいと思います。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

Ruby on Railsとは

Ruby on RailsとはWebアプリケーションフレームワークです。

そもそもWebアプリケーションフレームワークとは、動的なウェブサイト、Webアプリケーション、Webサービスの開発をサポートするために設計されたアプリケーションフレームワークのことを言います。

フレームワークは日本語では「枠組み」というふうに言われますが、まさにその通りで、このRailsもプログラミング言語のRubyで使えるフレームワークなのです。

Railsの基本理念は「Don’t Repeat Yourself(DRY)」、「Convention over Configuration(CoC)」でそれぞれ「同じことは繰り返さない」、「設定より規約」という意味になります。

 

Ruby on Railsでできること

これ単体では何もできません。

Rubyやhtmlなど、Webサービスを作る上での最低限のプログラムの知識を要します。

HTML,CSS,Rubyがわかっているとスムーズに始めることができますが、Railsを使ってWebアプリケーションを作りながら同時進行で勉強するのも一つの手だと思います。

最初でも書いたように、Railsは枠組みです。

面倒なフォルダ、ファイルの作成をコマンド一つですべて行うことができ、そのフォルダやファイルの内容を変更することで、作っていきます。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

Ruby on Railsの書き方

アプリケーションの作成の仕方、サーバーの立ち上げ方について説明していきます。

これらはすべてターミナル上で行います。

railsコマンドを使って「app」という名前のアプリケーションを作成しましょう。

rails new app

これをターミナルで打ち込むだけで必要なフォルダ、ファイルが作成されます。

作成されたらそのフォルダに移動しましょう。

rails server

これを打ち込むと先ほど作ったアプリケーションにアクセスするためのサーバーが起動します。

Safariなどから表示されているサイトにアクセスすれば見ることができます。

 

 

今回の記事ではRuby on Railsの大枠の解説をしてきました。

初心者にも使いやすいフレームワークなので、興味がある人はぜひ使ってみてください。

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。RubyでWebアプリを開発したい方はご参加ください。