DBに慣れよう!Ruby on Railsのrakeコマンドでデータベースを作成する方法【初心者向け】

Ruby on Railsでrakeコマンドを使ってデータベースを作成する方法を解説しています。railsを始めたばかりという人は少し見慣れないコマンドも出てくるかと思いますが、実際に自分で打ちながら動作確認してみると良いでしょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

RubyのフレームワークのRuby on Railsでデータベースを作成し、操作する方法を解説していきます。

rake dbコマンドを使いながらデータベースの扱いに慣れていきましょう。

自分のPCで実際に動作確認しながら読み進めていくと理解も早まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回はRuby on Railsのデータベースについて解説しよう。

大石ゆかり

田島メンター!!データベースはどのフォルダにあるんですか〜?

田島悠介

そうだね、まずは実際に作成して場所を確認してみようか。データベースの操作はrake dbコマンドを使用するよ。

大石ゆかり

お願いします!

 

rake dbコマンドとは

Ruby on Railsではデータの保存にSQLiteやMySQLといったデータベースを使うことが多いです。

データベースに対して何か操作を行いたい時のコマンドがrake dbコマンドになります。

頻繁に利用するコマンドを解説していきます。

 

実際にdbコマンドを使ってみよう

データベースを作成したい

$ rake db:create

実際に作成されるデータベースはconfig/database.ymlでの設定内容に基づき作成されます。
database.ymlの中身を確認してみましょう。

ed6be4c4c2d946c0ccc2c2885ead6ace

Ruby on RailsはデフォルトではデータベースにSQLiteを使用します。adapterという項目にsqlite3と記載があることがわかります。

default,development,test,productionと項目が分かれていますが、defaultの部分は各項目で共通の値なので共通化する用途で使われています。

rake dbコマンドは、デフォルトでdevelopmentのデータベースに対して操作を行うので、上記コマンドを実行した場合にはdevelopmentのデータベースが作成されます。

 

もし、productionのデータベースを作成したい場合には次のようなコマンドを実行します。

$ rake db:create RAILS_ENV=production

 

田島悠介

コマンドを実行したら、dbフォルダの中を確認してみよう。

大石ゆかり

development.sqlite3というファイルと、test.sqlite3というファイルが作成されてますね。

田島悠介

念のため、データベースを削除する場合のコマンドも覚えておこう。

 

データベースを削除したい

$ rake db:drop

データベースの削除が行われます。特に警告など行われずに削除されてしまうのでもし実行する際は注意してください。
開発中であればデータをリセットしたい場合などに使用することが多いです。

 

マイグレーションを実行したい

$ rake db:migrate

Ruby on Railsではマイグレーションによってデータベースの構造を管理しています。
上記コマンドを実行するとdb/migrateディレクトリに存在する全てのマイグレーションを実行します。

マイグレーションが実行される場合はマイグレーションファイルに記載された内容に基づき構造が定義されます。

9997885be5c490ecf3f66b315163a0d7

実行するとどのマイグレーションにどのくらい時間がかかったかを表示してくれます。

4d8cd9d25165fbb56b44b9b538a99edd

 

マイグレーションのバージョンを知りたい

$ rake db:version

現在の適応されているマイグレーションのバージョンを表示してくれます。

 

マイグレーションのバージョンを下げたい

$ rake db:rollback

デフォルトの状態ではマイグレーションのバージョンを1つ下げます。

STEPという環境変数を定義すると指定した数のバージョンを下げることができます。

 

例えば2つバージョンを下げたい場合はこのように書きます。

$ rake db:rollback STEP=2

以上、よく使うrake dbコマンドについて解説しました。

 

実際に開発を進めていくとデータベースの中身を扱うことはよくあります。

データベースは、ユーザー情報など大事なデータを取り扱う部分になるので使い方をしっかり覚えておきましょう。

 

田島悠介

データベースの削除などは特に注意して実行しよう。

大石ゆかり

この、マイグレーションというのは何ですか〜?

田島悠介

マイグレーションというのはデータベースを作る設計図のようなもので、あとから項目を編集したいときなどに役立つんだ。これに関してはまた別のところで詳しく見ていくよ。

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。RubyでWebアプリを開発したい方はご参加ください。