簡単に作成できる!Unityでアニメーションを作る方法【初心者向け】

初心者向けにUnityでアニメーションを作る方法について解説。3DのSphereを実際にアニメーションで動かしながら方法を説明しているので、Unityを使ったことがない人でも理解できるでしょう。ゲーム開発をしたい人はぜひご覧ください。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

監修してくれたメンター

nakamoto

アジマッチ有限会社代表取締役社長。書籍化歓迎。対応業務:PHP(Laravel)、機械学習、Vue.js、LAMP・AWS、越境EC、CTO、エンジニア採用、CTO、経営者の不安解決コンサルティング。

ゲームで演出をリッチにするためには、アニメーションを作成する技術が不可欠です。

アニメーションと聞くと何か敷居が高いものと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、Unityでは初心者の方でも簡単にアニメーションを作ることができます。

今回は、Unityでアニメーションを作る方法を解説していきます。

今回は3DのSphereをアニメーションで動かしていきたいと思います。

目次

1時間でできる無料体験!

そもそもUnityについてよく分からないという方は、Unityとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

大石ゆかり

田島メンター!!画面内のオブジェクトを動かす方法についてもっといろいろ知りたいです!

田島悠介

では今回は、オブジェクトにアニメーションを追加する手順を解説しよう。

大石ゆかり

アニメーションということは、オブジェクトに特定の動作をさせたりできるんですか?

田島悠介

そうだね。移動させたり色を変えたりいろいろできるよ。まずは簡単な座標の移動からやってみようか。

 

Unityのアニメーションシステム

Unityでは簡単にアニメーションを作成できます。

オブジェクトの位置、角度、大きさ、色など基礎的な値はものの1分ほどで設定できてしまいます。

アニメーションと聞くと、プレイステーション4のようなきれいな3Dモデルが自由自在に動いているものや、テレビで見るアニメのようなクオリティの高いものを想像するかもしれません。

そうした物を作るためには、Unity以外の力(Mayaや3DsMaxなどの3Dモデル、アニメーション編集ツール)が必要になってしまいます。

そこで今回は、Unityだけでできるアニメーションの例として、簡単な座標の変更を作ってみましょう。

 

まずは動かしたいオブジェクトにAnimationコンポーネントをアタッチします。

Animationコンポーネントは、Miscellaneous(その他)グループに含まれています。

 

次に、[Window]->[Animation]からアニメーションウィンドウを開きます。

 

アニメーションとアニメーターの違い

Animation と Animator の違いについて解説します。

Animation と Animatorというと、大きく2つあります。

  1. Animation コンポーネントと Animator コンポーネント
  2. Animation ウィンドウと Animator ウィンドウ

 

Animation コンポーネントと Animator コンポーネント

Animation コンポーネントは 過去の仕組みです。

新しいプロジェクトでは、Animator コンポーネントを利用する必要があります。

過去のAnimation コンポーネントを残している理由としては、後方互換性を確保する意味があります。

つまり、Animation コンポーネントを知らなくても良いということではありません。

 

Animation ウィンドウと Animator ウィンドウ

Animation ウィンドウ では、フローチャートに似たシステムを利用して、アニメーションクリップ全体の取り扱いが可能です。

Animator ウィンドウでは、アニメーターコントローラーアセットを作成・表示・修正できます。

 

田島悠介

アニメーションの作成を開始してみよう。Hierarchyで動かしたいオブジェクトを選択して、AnimationウィンドウのCreateボタンを押すんだ。

大石ゆかり

ファイルの保存ダイアログが表示されました。

田島悠介

アニメーションの名前をつける部分だね。普段は「Jump」や「Walk」などの名前を付けるけれど、今回はサンプルだから「Sample.anim」という名前で作成してみよう。

 

[PR] Unityを使ったゲーム開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

簡単なアニメーションを作成してみる

アニメーションを作成する準備ができました。

実際にアニメーションを作っていきましょう。

(画像はクリックで拡大表示されます。)

田島悠介

それではアニメーションを作っていこう。

Unityでは、キーフレームアニメーションとよばれる方法を採用していて、特定の時間におけるプロパティの値を設定することで、値の補間によってアニメーションを行うよ。

大石ゆかり

難しくてよくわからないです・・・

田島悠介

はじめはそうだね。実際に触ってみれば感覚がつかめるよ。

 

アニメーションの作成には、Animationウィンドウ左上の録画ボタンが便利です。

まずはこの録画ボタンを押してみましょう。

 

録画ボタンがONになっている状態でインスペクタからオブジェクトのパラメータを変更すると、入力フィールドが赤く変化します。

また、この際Animationウィンドウにはキーフレームが追加されています。

 

 

上記の操作で、0フレーム目にキーフレームが打たれました。

フレームの移動は、画像の部分をドラッグすることで行います。

今回は、30フレーム目に移動してみます。

 

30フレーム目でもオブジェクトの座標を変更してみます。

 

フレームを移動させることで、補間されていることを確認できます。

 

再生ボタンを押すことで、実際の速度でプレビューが行われます。

 

アニメーションの編集を終える際は、忘れずに次の2つの操作を行ってください。

・録画モードの停止
・フレームを0フレーム目に戻す

録画モードの停止やフレームを0フレーム目に戻す操作を行わないと、普通にオブジェクトの座標を変更したい場合でも、アニメーションのフレームとして保存されてしまいます。

録画モードのON/OFFは、Animationウィンドウ左上のアイコンで確認できます。

(時計アイコンになっていれば録画モードOFF)

 

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料相談 に参加してみませんか?

現役エンジニア・デザイナーに何でも気軽に相談できる30分すべて無料で できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら相談した方限定の割引・参加特典付き! 無料相談はこちら

アニメーションの再生

実行時にアニメーションを再生するには、作成したアニメーションをAnimationコンポーネントのAnimationプロパティに設定します。

 

また、アニメーションをループさせる場合は、Projectタブでアニメーションを選択し、InspectorタブでWrapModeを変更します。

今回はループさせるために「Loop」に設定してみます。

 

実行時にアニメーションが再生されます。

 

まとめ

今回はUnityで簡単なアニメーションを作成していきました。

今回は移動を行いましたが、他にも回転、拡大など様々な効果をつけることができます。

アニメーションをマスターすれば、今後のゲームの表現の幅が広がること間違いなしです。

ぜひとも理解を深めていくようにしましょう。

 

田島悠介

今回はY軸を指定したので上下に動いたけれど、例えばz軸の値で動かすとオブジェクトが手前と奥に移動するよ。

大石ゆかり

インスペクタで編集できる値は、どれもアニメーションさせることができるんですね。

田島悠介

座標の移動以外にも、オブジェクトの大きさを変更したりマテリアルを途中で変化したりと、様々な効果を加えることができるんだ。基本的な手順は今回と一緒なので、ぜひ練習してみよう。

大石ゆかり

いろいろ追加して試してみます。ありがとうございました!

 

1時間でできる無料体験!

Unityを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

Unityを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、はじめてでもUnityでオリジナルゲームの制作ができるようになります。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する