簡単に作成できる!Unityでアニメーションを作る方法【初心者向け】

初心者向けにUnityでアニメーションを作る方法について解説。3DのSphereを実際にアニメーションで動かしながら方法を説明しているので、Unityを使ったことがない人でも理解できるでしょう。ゲーム開発をしたい人はぜひご覧ください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

ゲームで演出をリッチにするためには、アニメーションを作成する技術が不可欠です。アニメーションと聞くと何か敷居が高いものと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、Unityでは初心者の方でも簡単にアニメーションを作る事ができます。

今回は、Unityでアニメーションを作る方法を解説していきます。今回は3DのSphereをアニメーションで動かしていきたいと思います。

 

なお、本記事はTechAcademyのUnity入門オンライン講座の内容をもとにしています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!画面内のオブジェクトを動かす方法についてもっと色々知りたいです!

田島悠介

では今回は、オブジェクトにアニメーションを追加する手順を解説しよう。

大石ゆかり

アニメーションということは、オブジェクトに特定の動作をさせたりできるんですか?

田島悠介

そうだね。移動させたり色を変えたりいろいろできるよ。まずは簡単な座標の移動からやってみようか。

 

Unityのアニメーションシステム

Unityでは簡単にアニメーションを作成する事ができます。オブジェクトの位置、角度、大きさ、色など基礎的な値はものの1分ほどで設定できてしまいます。

アニメーションと聞くと、プレイステーション4のような綺麗な3Dモデルが自由自在に動いているものや、テレビで見るアニメのようなクオリティの高いものを想像するかもしれませんが、そうした物を作るためにはUnity以外の力(Mayaや3DsMaxなどの3Dモデル、アニメーション編集ツール)が必要になってしまいます。

そこで今回はUnityだけでできるアニメーションの例として、簡単な座標の変更を作ってみましょう。

 

まずは動かしたいオブジェクトにAnimationコンポーネントをアタッチします。

AnimationコンポーネントはMiscellaneous(その他)グループに含まれています。

次に、[Window]->[Animation]からアニメーションウィンドウを開きます。


 

田島悠介

アニメーションの作成を開始してみよう。Hierarchyで動かしたいオブジェクトを選択して、AnimationウィンドウのCreateボタンを押すんだ。

大石ゆかり

ファイルの保存ダイアログが表示されました。

田島悠介

アニメーションの名前をつける部分だね。普段は「Jump」や「Walk」などの名前を付けるけれど、今回はサンプルだから「Sample.anim」という名前で作成してみよう。

 

簡単なアニメーションを作成してみる

アニメーションを作成する準備ができました。実際にアニメーションを作っていきましょう。
(画像はクリックで拡大表示されます。)


 

田島悠介

それではアニメーションを作っていこう。Unityでは、キーフレームアニメーションとよばれる方法を採用していて、特定の時間におけるプロパティの値を設定することで値の補間によってアニメーションを行うよ。

大石ゆかり

難しくてよくわからないです・・・

田島悠介

はじめはそうだね。実際に触ってみれば感覚が掴めると思うよ。

 

アニメーションの作成には、Animationウィンドウ左上の録画ボタンが便利です。まずはこの録画ボタンを押してみましょう。

録画ボタンがONになっている状態でインスペクタからオブジェクトのパラメーターを変更すると、入力フィールドが赤く変化します。
また、この際Animationウィンドウにはキーフレームが追加されています。

 

上記の操作で0フレーム目にキーフレームが打たれました。
フレームの移動は、画像の部分をドラッグすることで行います。
今回は30フレーム目に移動してみます。

30フレーム目でもオブジェクトの座標を変更してみます。

フレームを移動させることで、補間されていることを確認することができます。

再生ボタンを押すことで、実際の速度でプレビューが行われます。

アニメーションの編集を終える際は忘れずに
・録画モードの停止
・フレームを0フレーム目に戻す
を行いましょう。

これを行わないと、普通にオブジェクトの座標を変更したいのに、アニメーションのフレームとして保存されてしまいます。
録画モードのON/OFFはAnimationウィンドウ左上のアイコンで確認することができます。(時計アイコンになっていれば録画モードOFF)

 

[PR] Unityを使ったゲーム開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

アニメーションの再生

実行時にアニメーションを再生するには、作成したアニメーションをAnimationコンポーネントのAnimationプロパティに設定します。

また、アニメーションをループさせる場合はProjectタブでアニメーションを選択し、InspectorタブでWrapModeを変更します。
今回はループさせるために「Loop」に設定してみます。

実行時にアニメーションが再生されます。

 

 

まとめ

今回はUnityで簡単なアニメーションを作成していきました。

今回は移動を行いましたが、他にも回転、拡大など様々な効果をつけることができます。アニメーションをマスターすれば今後のゲームの表現の幅が広がること間違いなしです。是非とも理解を深めていくようにしましょう。

 

田島悠介

今回はY軸を指定したので上下に動いたけれど、例えばz軸の値で動かすとオブジェクトが手前と奥に移動するよ。

大石ゆかり

インスペクタで編集できる値は、どれもアニメーションさせることができるんですね。

田島悠介

座標の移動以外にも、オブジェクトの大きさを変更したりマテリアルを途中で変化したりと様々な効果を加えることができるんだ。基本的な手順は今回と一緒なので是非練習してみよう。

大石ゆかり

色々追加して試してみます。ありがとうございました!

 

[お知らせ]TechAcademyではオリジナルゲームアプリが公開できるUnityオンラインブートキャンプを開催しています。現役Unityエンジニアのサポートで効率的に学びたい場合はご検討ください。