【最新版OS】SiriがMacに登場!macOS Sierraの正式版がリリース

Appleが日本時間9月21日未明に最新版OSであるmacOS Sierraをリリースしました。新機能も多く、MacでSiriが登場したり、iPhoneやApple WatchとMacでシームレスな利用が可能となっています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Appleは、日本時間9月21日未明にMac向け最新OSである「macOS Sierra」をリリースしました。これによってMacでもSiriが利用できるなど多くの機能が追加されています。

無料でアップグレードできますので、MacでSiriを使ってみたいという好奇心の強い方はぜひお試しください。iPhoneユーザーの方などは便利に使える機能も多くなっています。

 

ちなみに今回のmacOS Sierraという名称は、iOSやwatchOS、tvOSなどと揃えるために変更されたようです。先日リリースされたiOS 10の変更点もまとめているので、合わせてご覧ください。

 

macOS Sierraで便利になったもの

MacでSiriを

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-10-08-46

macOS Sierraでは、音声アシスタントであるSiriがMac上で利用できるようになりました。そのため発表時から世界中で波紋を呼んでいます。問題はいつ使うかですが、Apple公式サイトでは「作成中の文書を仕上げながら、その文書がまもなく完成することをSiriに伝え、同僚にメッセージで伝える」「レポートをどこに保存したか忘れてしまった場合は、今週開いた書類を探すようSiriに頼む」「午前10時の会議に福島さんを追加して」などの活用法が紹介されています。

今すぐ必要ということは無さそうなので、まずはiOS同様気軽に話しかけてみてください。

 

メッセージ機能の拡充

メッセージで使える絵文字が増えたり、サイズが大きくなるなどコミュニケーションがより楽しくなる機能が追加されています。他にも会話中の動画再生やリンク先のプレビューも見られるようになりました。

ぜひ利用してみましょう。

 

iPhoneからMacにアクセス

iCloud Driveの統合が強化されたことにより、Macのデスクトップ上にあるファイルにiPhoneなどiOSデバイスからアクセスすることができます。「Mac上にある写真や動画を手持ちのiPhoneアプリで加工したい」なんていった時に便利でしょう。

また、iPhoneアプリで画像や動画をコピーして、Macにペーストすることも可能になりました。iPhoneで撮った写真をその場でMacにコピペできるので、作業効率も格段に上がるはずです。

 

Apple Watchで自動ログイン

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-10-09-49

Apple Watchを身につけていると、Macに自動的にログインすることができます。

カフェで作業している時にちょっとしたことで、席を離れなければいけない時も戻るとすぐに作業を再開できるでしょう。

 

他にも複数のウィンドウが重ならないように並べられるタブ機能、iTunesの中にあるApple Musicのデザインリニューアル、空き容量が足りなくなってきたらめったに使わないファイルを自動的にiCloudに保存し容量を確保する機能など多くの新機能が登場しています。

 

macOS Sierraに対応しているMac

対応しているMacをあらかじめ確認しておきましょう。

  • MacBook(Late 2009以降)
  • MacBook Pro(Mid 2010以降)
  • MacBook Air(Late 2010以降)
  • Mac mini(Mid 2010以降)
  • iMac(Late 2009以降)
  • Mac Pro(Mid 2010以降)

 

[PR] プログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

今回の変更を受けて

MacにSiriが登場したというニュースに注目が浴びすぎて他の新機能が色褪せているように見えますが、改めて新機能が多いですね。iOS 10の変更点と共通しているものとして、メッセージでの機能拡充が見られました。

今やテキストや画像だけでなく、スタンプや動画、GIFなどシチュエーションにあったコミュニケーションの取られ方をしています。もちろんすでにあるメッセージアプリを使うのでも良いですが、自分が欲しいと思うメッセージアプリを作ってみるのも面白いでしょう。iPhoneアプリの作り方を参考に、始めてみてはどうでしょうか。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルアプリが作れるiPhoneアプリ開発オンラインブートキャンプを開催しています。期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。