git commitを使って変更内容をコミットする方法【初心者向け】

初心者向けにgit commitというコマンドを使ってファイルの変更内容をコミットする方法について解説しています。ファイルの変更や追加のコマンドは、開発現場でも役立つ知識になるので、ぜひ今のうちに覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Git(ギット)はとても便利なバージョン管理システムです。

今回は、Gitの使用においても重要なgit commitの使い方を紹介していきたいと思います。複数人で開発業務を行う上では必ず使う知識なので、実際にコマンドを打ちながら慣れていきましょう。

同様に役立つGithubの使い方も解説しているので、合わせてご覧ください。

 

なお本記事はTechAcademyのオンライン完結のGitHub講座のカリキュラムをもとに執筆しています。

20160620

 

田島メンター!!git commitって何をしているコマンドなんですか???

 

20163020-2

 

git commitはね、ファイルの変更した部分とかを保存しておくコマンドだよ。

 

 

目次

 

git commitとは

gitを使用すれば簡単にファイルの進捗を管理することができます。

そのためにファイルの変更や追加などを保存しておく必要があります。そのためのコマンドがgit commitです。

git commitを利用すればファイルの変更をgitレポジトリに保存することができます。

 

[PR] 現役エンジニアに質問しながらプログラミングを習得する学習方法とは

git commitを使用してみよう

それでは実際にgit commitを使用してみましょう。

今回はsampleというディレクトリの中で、「sample.html」というファイルをcommitしてみましょう。

まずはsampleディレクトリ内でsample.htmlを作成しましょう。作成方法は何でも大丈夫ですが今回はtouchコマンドを使用して作成してみましょう。

touch sample.html

と打てば、sample.htmlが作成されます。

次にsample.htmlをステージングエリアに移動し、以下のコマンドを打ちます。

git add .

そしてgit statusを確認してみると、以下のようにステージングエリアにファイルが移動されたことがわかります。

git status

git03_01

最後にsample.htmlをコミットしてみます。

git commit -m ‘最初のコミット’

と打ってみてください。

その後「git log」と打つとコミットできていることが確認できます。

git log

git03_02

 

20160620

田島メンター!!

git commitをしたときのメッセージを間違えてしまったんですけど、修正する方法ってないですか〜?

 

20163020-2

 

それなら git commit –amendを使うと良いよ。

 

 

git commit –amendで直前のコミットメッセージを変更する

git commit –amendは、直前のコミットメッセージを変更することのできるコマンドです。ファイルをコミットした時に、コミットメッセージが適切でない場合に使用します。

sampleディレクトリ内の「sample.html」をコミットしたメッセージを変更してみましょう。

まず適当なコミットメッセージでsamle.htmlをコミットしましょう。

git logを確認すると以下のようになっています。

git log

git08_01

このままの適当なコミットメッセージだと、今後のプロジェクトが進んだときに作業を振り返ることができなくなってしまいます。

そこでgit commit –amendを使用してコミットメッセージを編集していきます。

ターミナルでgit commit –amendと入力すると、vimが立ち上がり、一番上の行にコミットメッセージが表示されます。

git commit --amend

そこで、新しいコミットメッセージを入力し上書き保存をするとコミットメッセージの変更を行うことができます。

今回は以下のように入力し、上書き保存を行いましょう。

create sample.html

その後コミットメッセージを確認してみると、画像のように、上書きされていることがわかります。

git08_02

以上の流れでコミットメッセージを変更することができます。

 

git commitのオプション

実際の開発現場では、git commit コマンドは、最も多く使うコマンドのひとつと言っても過言ではありません。そのため、いくつかのオプションを覚えておくことで、効率よく開発を進めることが可能となります。いくつか見ていきましょう。

 

変更したファイルを全てコミットする

既にgitに追加済のファイルで、変更があったものを全てコミットするには以下のように記述します。

git add -a
git commit

上記と同じことを、「.」を使い1行で行うことができます。

git commit .

とても良く使う書き方なので覚えておきましょう。

 

新規ファイルも含め、全てコミットする

新規に作成した(gitに追加していない)ファイルも含め、コミットするには以下のように記述します。

git add -A
git commit

こちらも、「.」を使い記述することができます。

git add .
git commit

「git add -a」コマンドと「git add -A」コマンドの挙動が紛らわしいので、新規ファイルを追加する場合は「git add」に「.」を付ける、と覚えておくと便利ですね。

 

コミットメッセージも指定してコミットする

以下のように記述すると、コミットメッセージを入力するためのエディターが起動します。

git commit

「-v」オプションを指定することで、変更点を表示しながら、コミットメッセージを入力するためのエディターを起動、コミットメッセージを入力することができます。

また、既に紹介済ですが、「-m」オプションを指定することで、エディターを起動することなく、コミットメッセージも指定してコミットすることができます。

git commit -m "コミットメッセージ"

特定のファイルを指定してコミットする

特定のファイルを指定してコミットするには、以下のように記述します。

git commit ファイル名

実際の開発現場は、紛らわしくなってしまうのであまり使いませんが、覚えておくと役に立つかもしれませんね。

 

(参考)間違ったコミットを取り消す

間違ってコミットしてしまった場合は「git reset」コマンドを使用します。ただし、コミットを取り消してしまうことになるので、本当に取り消してよいか、十分注意して利用することが必要です。

コミットだけを取り消す(ローカルのワークディレクトリの内容は変更しない)

git reset --soft

ローカルのワークディレクトリの内容も含め、コミットを取り消す

git reset --hard

直前の間違ったコミットを取り消す(「HEAD^」は、直前のコミットという意味を表すオプションです)

git reset --soft HEAD^

 

まとめ

今回はgit commitについて解説していきました。

コミットメッセージを変更したい際も簡単に対応できるので、知っておくと良いでしょう。

git commitはgitで基礎的なコマンドで一番使用すると言っても過言ではないコマンドになりますので、必ず覚えておくようにしましょう。

 

20160620

 

なるほど!ステージングエリアにあるファイルがどう変わったかを調べてくれるんですね!!!

 

20163020-2

 

そうだね。git add と git commit はpushするときに必ず使うコマンドだから、覚えておくといいね♪

 

20160620

 

分かりました♪

 

 

[お知らせ]TechAcademyでは自宅で学べるオンライン完結のGitHub講座を開催しています。わからないことをチャットで質問すると、現役エンジニアのメンターが毎日すぐに回答します。