PythonでCSVの読み書きを行う方法【初心者向け】

初心者向けにPythonでCSVの読み込み・書き込みを行う方法について解説しています。データの出力を行う際に必要な知識になるので、書き方を覚えておきましょう。読み込みと書き込みそれぞれ簡単なプログラムを書いているので、参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、PythonでCSVの読み書きを行う方法を解説します。

CSVの扱い方を記載しているので、必要な時に覚えておくと便利でしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

CSVとは

CSVとは、カンマ区切りのファイル形式です。

1行の文字列を「,」カンマ文字で複数のデータ項目に分割しているファイルです。

このカンマをdelimiter(区切り文字)と言い、カンマ文字以外に「|」(セパレーター)やTAB文字を使うことがあります。

 

CSVデータの読み込み方法

今回は、techacademy.csvという名前のCSVデータを読み込む方法を紹介します。

次の文法で読み込むことが可能です。

csv.reader(csvファイル名, delimiter=',', quotechar='')

csv.readerでcsvファイルを読み込む処理を宣言し、csvfileという指定でcsvfileを読み込む事を意味します。

delimiter=‘,’は区切り文字を,カンマで指定しています。区切り文字とは、csvファイル内で値と値を区切る文字のことを意味します。

quotechar=‘”‘は、特別な値を含むフィールドを囲むための文字列を一文字で指定します。が標準的なquotecharです。具体的に囲む際は、囲む対象の文字のようにして使用します。

csv.reader(csvfile, delimiter=',', quotechar='"')

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

CSVデータの読み込み方法を実際に書いてみよう

データを読み込む方法を以下に記載します。

CSVファイルを読み込むソースコード

import csv
with open('techacademy.csv', newline='') as csvfile:
spamreader = csv.reader(csvfile, delimiter=',', quotechar='"')
for row in spamreader:
  print(', '.join(row))

1行目のimport csvで、CSVファイルを読み込むために必要な関数があるモジュールを読み込みます。Pythonでimportを使う方法はこちら。

2行目のwith open(‘techacademy.csv’, newline=”) as csvfile:では、techacademy.csvファイルをcsvfileという名称で置き換えてopen(開く)と記載してあります。

3行目のspamreader = csv.reader(csvfile, delimiter=‘,’, quotechar=‘”‘)では、1行目で開いたファイルを読み込む処理を行っています。

csv.readerでcsvファイルを読み込む処理を宣言し、csvfileという指定でcsvfileを読み込む事を意味します。

delimiter=‘,’は区切り文字を,カンマで指定しています。区切り文字とは、csvファイル内で値と値を区切る文字のことを意味します。

quotechar=‘”‘は、特別な値を含むフィールドを囲むための文字列を一文字で指定します。が標準的なquotecharです。具体的に囲む際は、囲む対象の文字のようにして使用します。

今回はspamreaderという変数にこの、csv.readerの設定組み合わせを代入します。

4行目のfor row in spamreader:では変数spamreaderの内容が存在する間、変数rowに代入し続ける繰り返し処理を行っています。

5行目のprint(‘, ‘.join(row))では、joinメソッドを利用して変数rowに入っている値を,を使って結合します。

例えば、rowの中に、1と2と3が入っていた場合は、1,2,3のように結合してprint文で表示します。

 

CSVファイルに書き込む方法

データの書き込み方法は次のように記載します。

csv.writer(csvfile, lineterminator='\n')
writer.writerow([0', '目標', '手段'])

cav.writerでcsvを書き込むことを宣言します。

csvfileで書き込むファイルの変数名を指定します。

lineterminator=’\n’で、改行方法を指定します。ここでは一般的な改行を示す改行コードの\nを指定しています。

writer.writerow([0′, ‘目標’, ‘手段’])では、変数writerに対して、[0′, ‘目標’, ‘手段’]で指定された値を、1行づつ書き込む(writerow)処理をしています。

 

CSVデータの書き込み方法を実際に書いてみよう

データを書き込む方法を以下に記載します。

CSVファイルを書き込むソースコード

import csv
with open('techacademy.csv', 'w') as csvfile:
writer = csv.writer(csvfile, lineterminator='\n')
writer.writerow([0', '目標', '手段'])
writer.writerow([1, '未経験転職', 'テックアカデミーのJavaエンジニアコース'])
writer.writerow([2, 'AI機械学習', 'テックアカデミーのPythonコース'])
writer.writerow([3, '上級スキル習得', 'テックアカデミーのオーダーメイドコース'])

1行目のimport csvで、CSVファイルを読み込むために必要な関数があるモジュールを読み込みます。

Pythonでimportを使う方法はこちら。

2行目のwith open(‘techacademy.csv’, ‘w’) as csvfile:では、techacademy.csvファイルをcsvfileという名称で置き換えて書き込み用(w)として、開く(open)と記載してあります。

3行目のwriter = csv.writer(csvfile, lineterminator=’\n’)では、書き込みは\nを改行として、変数csvfileにcsvファイルとして書き込み、変数writerに代入します。

4行目のwriter.writerow([0′, ‘目標’, ‘手段’])では、変数writerに対して、[0′, ‘目標’, ‘手段’]で指定された値を、1行づつ書き込む(writerow)処理をしています。

5行目以降は4行目と同様の処理です。

 

今回は、PythonでCSVの読み書きを行う方法を解説しました。

データの出力などCSVを扱う際には必要な手順なので、覚えておくと良いでしょう。

入門向けPythonの学習サイトも記事にしているので、学習したい方は参考にしてみてください。

 

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

独学に限界を感じている方はぜひご覧ください。