Pythonでwith構文を使う方法【初心者向け】現役エンジニアが解説

初心者向けにPythonでwith構文を使う方法について解説しています。withとは何なのか、どう書けば良いのか詳しく説明しています。withを使用した場合と使用しない場合での違いも比較しているので、より理解もしやすいでしょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

今回は、Pythonでwith構文を使う方法を解説します。

with構文とは、withを利用することで、何かの処理の開始時と終了時に必須の処理をしてくれる構文のことです。

withを利用することで、後処理を実装せずに、処理自体を安全かつシンプルに実装できる機能です。

withを利用すれば、実務でもコードの見通しが良くなるだけでなく、後処理が不要なためエラーを減らすことができます。

後処理とは、例えばファイルを開くopenという前処理に対して、closeという対になる処理を意味します。

withを使った場合と使わなかった場合の比較も紹介しているので、どう違うのか理解していきましょう。

 

目次

 

田島悠介

今回はPythonでwith構文を使う方法を学習します。

大石ゆかり

どんな内容なんですか?

田島悠介

何かの処理の開始時と終了時に必須の処理を、絶対に実行してくれるwith構文について説明するよ。

大石ゆかり

実務でも使えそうですね。

 

Pythonのwith構文とは

Pythonのwithを使用すると、何かの処理の開始時と終了時に必須の処理を絶対に実行してくれます。

何かの処理の開始時と終了時に必須の処理とは、通信処理やファイル処理やデータベース処理などがあります。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

Pythonでwithを使う書き方

Pythonでwithを使う文法

サンプルコード

with 開始と終了を必要とする処理

解説

通信処理やファイル処理やデータベース処理など、開始と終了を必要とする処理の先頭にwithを記載します。

 

withを利用してファイル操作をする例

サンプルコード

with open("ファイル名", "r") as 変数:

解説

サンプルコードの例では、「ファイル名」というファイルを利用しています。

rでは読み込み目的であるreadを意味する引数を指定しています。

openでファイルを開く処理を行っています。

as 変数で、読み込んだファイルを「変数」という名前で指定した変数で利用できるようにしています。

ここで、oepnという処理がでてきました。

openした場合、必ずcloseという閉じる処理が必要です。

例えば現実でも、本を開いた時、閉じないと本が傷んでしまいます。

同様にファイルを開いたら閉じる処理が必要です。

しかし、withを利用することで、自動的に閉じる処理も実行されます。

つまり、閉じ忘れがなくなることは、閉じ忘れによるエラーを回避できます。

閉じる処理が不要ということは、コード数が少なくなり、コードの保守性も高まります。

 

Pythonでwithを使って実際に書いてみよう

今回はwithを使わない書き方と使う書き方を並べて解説します。

withを利用することで、ファイルを閉じる処理を行わなくてもファイルを閉じる終了処理を実行してくれる例をみていきます。

次の処理はファイルを扱う際の、ファイルオープン処理とファイルクローズ処理です。

 

techacademy.txtのファイル内容

未経験プログラマー転職を目指す効率的な短期集中講座

withを使用する場合

ファイル処理コード

with open("techacademy.txt", "r") as fileread:
  print(fileread.read())

実行結果

表示結果

未経験プログラマー転職を目指す効率的な短期集中講座

解説

1行目のwith open(“techacademy.txt”, “r”) as fileread:では、open関数を利用してtechacademy.txtを読み込む(r)ために開いています(open)。

その際、開いたファイル名をas fileread変数名に代入しています。

先頭にwithを記載しているので、close関数の処理はありません。

2行目のprint(fileread.read( ))では、fileread変数に対して、read関数を使用して読み込みながら、print関数を使用して表示をしています。

繰り返しますが、先頭にwithを記載しているのでclose関数の処理は必要ありません。

これにより、開いたファイルを閉じる処理を忘れずに自動的に行います。

結果的にエラーを防ぐことが可能です。

 

withを使用しない場合

ファイル処理コード

fileread = open("techacademy.txt", "r")
print(fileread.read())
fileread.close()

実行結果

 

表示結果

未経験プログラマー転職を目指す効率的な短期集中講座

解説

1行目のfileread = open(“techacademy.txt”, “r”)では、open関数を利用してtechacademy.txtを読み込む(r)ために開いています(open)。

そして、開いた内容をfileread変数に代入しています。

2行目のprint(fileread.read( ))では、fileread変数に対して、read関数を使用して読み込みながら、print関数を使用して表示をしています。

3行目のfileread.close( )では、開いたファイルを閉じています。

この処理を忘れるとエラーになります。

Pythonでprintを使う方法の記事も合わせてご覧ください。

 

今回は、Pythonでwithを使う方法を解説しました。

入門向けPythonの学習サイトも記事にしているので、学習したい方は参考にしてみてください。

 

執筆してくれたメンター

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長開発実績:PHPフレームワークによるフランチャイズ企業向け会員制SNS。Shopifyによる海外進出用大規模ネットショップ構築。Vue.jsによる金融機関向け内部アプリ。AWSやLinuxハウジングサーバでの環境構築。人工知能を利用した画像判別システム。小売チェーン店舗用スマホアプリ。Wordpressによる不動産チェーン店向け賃貸・売買仲介システム。基幹システム移管用データコンバートシステム。小学生がUnityでオリジナルAndroidアプリをGoogle Playでリリース、NHK Whyプログラミング入賞、全国Programing Festival入賞、中学生がノーコードでSNS型PWAアプリリリースなど、ボランティアプログラミング教育活動行っている。

 

大石ゆかり

内容が分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

Pythonを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPythonコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、人工知能(AI)や機械学習の基礎を完全オンラインでしっかり習得できます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!