Pythonのnumpy.ravel関数の使い方【初心者向け】

初心者向けにPythonのnumpy.ravel関数の使い方について解説しています。これは多次元のリストを1次元のリストとして返すものです。同じような働きをするnumpy.flatten関数との違いや具体的な使い方を練習してみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonのnumpy.ravel関数の使い方について解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

numpy.ravel関数の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

ravel関数とは

ravel関数は、多次元のリストを1次元のリストにして返します。

似たようなものとして、numpy.flatten関数がありますが、flatten関数は、元々のリストのコピーを常に返します。

一方、ravel関数は、元々のリストの見た目のみを変えて返すため返されたリストの要素を変更すると、元々のリストまで変わってしまうことがあり、注意が必要です。

 

ravel関数の書き方

ravel関数は以下のように用います。

import numpy as np
np.ravel(リストオブジェクト) # 整形後のリストオブジェクトが返却されます。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

# numpyをインポートします。
import numpy as np

# サンプルとして二次元のリストを定義します。
x =np.array([[1, 2, 3],[4, 5, 6]])

# ravel関数を適用させると、一次元のリストが返却されます。
print(np.ravel(x))
[1 2 3 4 5 6]

 

# 三次元のリストにおいても同様です。
x = np.array([[[ 0, 2, 4],
  [ 1, 3, 5]],
  [[ 6, 8, 10],
  [ 7, 9, 11]]])

# ravel関数を実行します。
x.ravel
array([ 0, 2, 4, 1, 3, 5, 6, 8, 10, 7, 9, 11])

 

監修してくれたメンター

川井健滉(かわいたけあき)

フリーランスエンジニア(の卵)。Pythonでの開発力を売りに、
種々システムの設計から実装まで行う。

過去には、某大手サイトの開発 / 機械学習モデルの汎用性検証 / CBの作成等、幅広く経験、
直近ではWebスクレイピングシステムやデータを活用した機械制御モデルの構築に従事。

元々はカフェのオーナー。しかしコーヒーは飲めない。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。