Pythonで仮想環境を作成する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonで仮想環境を作成する方法について解説しています。仮想的な環境を導入することによって、バージョンが異なるPythonを導入したり、管理者権限を持たないユーザーが追加パッケージをインストールすることが出来るようになります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonで仮想環境を作成する方法について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonで仮想環境を作成する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

仮想環境とは(メリットなど)

仮想環境とは、同一マシン内に、「あたかも別マシンのような」別のPython環境を作ることです。

それぞれの仮想環境は論理的に独立しているので、パッケージの依存性、互換性の管理が容易になります。

例えば環境AではパッケージXのバージョン1、環境BではパッケージXのバージョン2をインストールし、動作を比較テストする、といったこともできます。

管理者権限をもたない、一般ユーザであっても、仮想環境ではパッケージを追加できます。

仮想環境作成用モジュールのvenvの使い方

仮想環境の作成には以下のコマンドを実行します。

Windowsの場合

c:\>c:\Python35\python -m venv c:\path\to\myenv

 

Linuxの場合

python3 -m venv /path/to/new/virtual/environment

次に作成した仮想環境ディレクトリに移動します。仮想環境を有効化(アクティベート)します。

 

Windowsの場合

.\Scripts\activate.bat

 

Linuxの場合

./bin/activate

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

この例では、Windowsで仮想環境を作成し、requestsパッケージをインストールしてみます。

以下のコマンドで仮想環境vrtを作成しました。

C:\Users\xxx\Documents\src>"c:\Program Files\Python37\python.exe" -m venv vrt
vrtディレクトリに移動しました。

C:\Users\xxx\Documents\src>\vrt cd vrt
仮想環境を有効化しました。プロンプトが変化し、仮想環境に入ったことがわかりました。

C:\Users\xxx\Documents\src\vrt>.\Scripts\activate.bat
(vrt) C:\Users\xxx\Documents\src\vrt>
requestsパッケージをインストールしました。

(vrt) C:\Users\xxx\Documents\src\vrt>pip install requests
Collecting requests
(中略)
Installing collected packages: chardet, certifi, idna, urllib3, requests
Successfully installed certifi-2018.11.29 chardet-3.0.4 idna-2.8 requests-2.21.0 urllib3-1.24.

 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。